ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

ぶらりぼっち日和

【宇都宮みんみん】名物餃子の本丸!会社の金で栃木まで食べに行ってきた!!


スポンサードリンク

 

 

 

 

金のかからねえ旅行がしたいなあ

 

 

 

というのが時たま思うこと。

これまで神戸や名古屋等様々な場所へ旅行をしてきました。

当然ですが、どこも距離が遠い!故に移動に金がかかる!夜行で最低でも5~6000円はしちゃうんですよねえ。

まあ他の交通手段と比べて段違いに安いですが、それだって月に何度もホイホイと使うわけにはいきません……。

と、そんな折にちょうどタイミングに仕事でミニ出張に行く機会がありまして。

場所は栃木。これまでの泊まりがけ旅行先と比べると、東京からはかなりいきやすい。新幹線で一時間かからずついてしまいますからねえ。

せっかく会社の金なら東京から一時間の場所ではなく豪勢に九州とか行きたかったけど
旅先に会社の金でいけるというのはなんとも素晴らし。

そんな栃木の名物である餃子をもぐもぐしてきたのでご紹介します! 

 

 

餃子の本丸『宇都宮みんみん』へ

 

f:id:hitomishiriman:20180715185034j:plain

訪れたのは宇都宮餃子専門店『みんみん本店』でございます。

栃木には多くの餃子屋さんがありますが、一番耳にするのがこちらの『みんみん』ではないでしょうか?栃木で餃子を食べるのは今回が初ですが、チラと聞いたことがありました。

訪れたのは日曜の18時過ぎくらい。ご覧の通りかなりの行列です。本店の味を求め腹ペコ達がぞろぞろと集結している模様。

18時30分以降に来た方は、お店の向かい側にある駐車場で待機していたので、休日に来るなら必ず17時~18時の間までには来た方が良いですね。それとランチタイムは避けた方が無難。

日が少しづつ暮れる中、40分ほど待ち入店です!

 

 

みんみんの店内・雰囲気

 

f:id:hitomishiriman:20180715182258j:plain

見た目が大衆居酒屋風なら、店内もわちゃわちゃした居酒屋の雰囲気です。かなり活気にあふれ、当然ながら満員。店員さんがいそいそと動き回っております。

これならボッチ飯でも余裕。ガヤガヤしてると案外入りやすいものです。

 

 

みんみんのメニュー

 

f:id:hitomishiriman:20180715182348j:plain

みんみんのメニューはかなりシンプル!メインの餃子は、『焼き餃子』『水餃子』『揚げ餃子』のみ。それをどのように組み合わせるか、ということですね。

名物系はメニューの種類が多いと迷いがち。せっかくの旅行ですからあれもこれも頼みたくなっちゃうものですw

ですが、これだけならそんな心配も無用。せっかく宇都宮まで来たのですからね。三種類しかない餃子、しかもリーズナブル、とくれば全種類いただくしかないでしょう!

『焼き餃子』『揚げ餃子』『水餃子』これをライスセットにして790円!餃子の数

が合計18個ですがまあ気にしないことにしましょう。

というか18個頼んで1,000円いかないのはなかなかのコスパの良さ!

 

 

あらゆる餃子を楽しみ尽くすセットメニュー!

 

f:id:hitomishiriman:20180715182735j:plain

いやあ、壮観!実に良い眺めでござる。

左から、『揚げ餃子』『焼き餃子』『水餃子』。18個もいけるかなと思いましたが、一口サイズなのでこれなら全然大丈夫です!

 

 

f:id:hitomishiriman:20180715182835j:plain

まずは王道の焼き餃子から。焼き餃子の肝といえば、羽!この餃子にはしっかりとその肝が宿っています!

 

 

f:id:hitomishiriman:20180715182949j:plain

中にはキャベツ中心にタネがぎっちり。かなりキャベツの甘みが強いですね!しんなりとして、旨味の溢れた甘さがキュッと伝わります。

焼き餃子で主張激しくなりがちなニンニクは今回、やや控えめ。癖が強くないのであっさりいただける美味しさです。

当然、羽はパリッパリ。香ばしい苦味がが僕の食をガンガン進めさせてくれるわけですな!

 

 

f:id:hitomishiriman:20180715183149j:plain

お次は揚げ餃子をばいただきます。全体が均一で綺麗な黄金色。焼き餃子とは違った香ばしさの予感。

 

 

f:id:hitomishiriman:20180715183227j:plain

むむっ!思ったより『揚げた!』って感じはないですね。中身はジューシーで、皮が意外としんなり。食感はもっちりに近いですね。

特徴としてスナックっぽさがありますね!羽の部分はパイ生地のようなサクサク加減。ほんのりと甘さがあり、おやつのスナックとしてパクパク食べれちゃいそうなお味です。

 

 

f:id:hitomishiriman:20180715183418j:plain

最後は水餃子をもぐもぐ。お湯でコトコトされていますが、見た目はみずみずしくとても清涼感があり。

たっぷりのタレをつけて一口!


 

f:id:hitomishiriman:20180715183443j:plain

ん~~~~やはり喉越しはチュルルン!!これまでとは変わり、保湿たっぷりのモチモチ感が喉を通過。気持ち良い食感がすいすいと胃袋へ入っていきます。

茹でているため、他と比べる味のインパクトは弱いです。味付けはタレに任せて、水餃子自体は喉越しを楽しむために食べるが良しという感じですね。

 

 

三種類の変り種餃子!

  

f:id:hitomishiriman:20180715183724j:plain

18個ということで食べきれるか不安でしたが、一口サイズだったためサクサク完食!

 

 

王道のパリパリ餃子を楽しむなら焼き餃子!

不思議な香ばしいパイ生地風を楽しむなら揚げ餃子!

ちゅるんとした喉越しを楽しむなら水餃子!

 

 
このようにそれぞれの楽しみ方がある美味しい餃子でした。

お値段もご当地グルメとしてはかなりリーズナブル!少し待ち時間はありますが、宇都宮は関東からなら意外とサクッといけちゃう距離。ぜひ一度味わって見てはいかがでしょうか?

 

 

公式サイトはこちら!

 

www.minmin.co.jp

 

 

営業時間やアクセス等

 

関連ランキング:餃子 | 東武宇都宮駅宇都宮駅