ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

【おかげ横丁名物】『てこね寿し』(三重県伊勢市)で新感覚のマグロを味わってきた!


スポンサードリンク

 

僕は2017年の年末に三重旅行に行ってまいりました。先日、三重の美味しい支那そばの記事を投稿いたしましたね。
hitomishiriman.hatenablog.com

こちらに引き続き今回も三重の美味しいお店を紹介いたします。

 

『おかげ横丁』へGO

今回は三重の美味しいお店に行くために『おかげ横丁』というところにお邪魔しました。

おかげ横丁とは、三重県伊勢市にある観光客向けストリートのことです。公式ホームページはこちら。

www.okageyokocho.co.jp


江戸から明治初期の街並みを再現した横丁で、三重の老舗店舗や雰囲気を一度に楽しめる創りになっています。伊勢神宮のすぐそばにあるので、お参りついでに訪問するのが良いでしょう。

ちなみに僕はおかげ横丁だけで数日過ごす自信あり。というくらいにお店がたくさんあるのです!

 

老舗店舗『てこね寿し  すし久』へ

今回はそこから『てこね寿し  すし久』へとお邪魔しました。店構えはもちろん、店内からも古き良き時代の雰囲気が漂いますねえ。
f:id:hitomishiriman:20180108190447j:plain

f:id:hitomishiriman:20180108191908j:plain

f:id:hitomishiriman:20180108191920j:plain

中はすでに満員!さすがに観光客向けなストリートなだけあります。
f:id:hitomishiriman:20180108193039j:plain

 

てこね寿しとは?

こちらのお店では『てこね寿し』という料理が頂けます。てこね寿しとは三重県の郷土料理のことですね。

 

農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた三重県の郷土料理。カツオやマグロなどの刺身をしょうゆなどで作ったタレに漬け込み、酢飯とあわせたお寿司。薬味として大葉、しょうが、のりなどを散らして食します。

引用:家庭で味わう郷土料理百選

 

 
ほう、醤油タレで漬けこんだお刺身……ゴクリ。漬け込んだというだけでもう美味しそうじゃ!

メニューを見るとどれもなかなか良いお値段。さすがに本場のお寿司となるとこれくらいはするものか……!
f:id:hitomishiriman:20180108193143j:plain
ですが旅行中の僕に節約の二文字はありません。豪勢に『手こね寿司平膳の松2,330円+大盛り310円』と『穴子の煮付け450円』を選択。また帰ったら節約だなあ

 

豪華なお膳をご紹介!

いつもよりお財布の紐を緩め、注文したのがこちら!
f:id:hitomishiriman:20180108193255j:plain
うおおおおおおおおおなんと豪華な御膳でしょうか!!!!手こね寿しを始め、茶碗蒸し、お漬物、煮付け等々、バラエティー豊かな小鉢が並んでおります。

こちらが主役の手こね寿し。
f:id:hitomishiriman:20180108193340j:plain

f:id:hitomishiriman:20180108193355j:plain
いやめちゃくちゃ輝いとるやん?やばいやん?ボキャ貧

マグロの光沢が尋常じゃない。マジで表面がツヤッツヤ。光が反射して輝いております。これはすごいなあ……。
f:id:hitomishiriman:20180108193513j:plain
いざ一口いただくと、その食感に感動。舌触りがありえないくらいにツルツルなんですね。

  
 

あれ?これ手で磨いた?

 
と思うくらいに滑らかな舌触りなんです、いやほんとに!こんなに滑らかな舌触りのマグロは食べたことがありません……。

お刺身のマグロはやはり多少のざらつきはあるものですが、それすら無し!これはすごい。

さらに柔らかさも一級品。筋も残さず歯でスッスッスッと噛めてしまうのですが、箸で割くとその柔らかさがわかります。f:id:hitomishiriman:20180108193804j:plain
このように、マグロの筋に沿ってキレイに切れるんですよね。口の中ではこれが顕著。

特に噛まずとも、勝手に筋に沿って切れてしまうので食感がかなーりトロリ!めちゃくちゃ溶けまくります。


そしてこの色にもご注目。非常に濃くしっかりと中までつけ込まれているのがわかります。
f:id:hitomishiriman:20180108194130j:plain
じっくり漬け込まれているおかげで『マグロの中に直接タレを注入して表面をピカピカに磨き上げた』かのような不思議な食感になっています。

それくらいに味がしっかり染み込んでいて、かつ滑らかな舌触り。味良し、食感よしの最強のマグロです。

てこね寿し以外も名脇役が揃います。こちらはサイドで頼んだ穴子の煮付け。f:id:hitomishiriman:20180108194210j:plain
めちゃくちゃ身がふわふわしています!小骨がありますがそんなものはおかまいなし。火が通りきっているので全てを美味しくいただけます。ほんのりした甘味もうまさの一因です。

f:id:hitomishiriman:20180108194306j:plainf:id:hitomishiriman:20180108213337j:plain
煮物の大根は箸で掴んでも全く型崩れしないほどしっかりとした成型具合。にも関わらず食べるとめちゃくちゃだし汁が溢れてきます。

ガンモも口をしっかり閉じなければ、汁の溢れに注意。
食感もかなり柔らか。こりゃあうんまい!

f:id:hitomishiriman:20180108213544j:plainf:id:hitomishiriman:20180108213606j:plainf:id:hitomishiriman:20180108213621j:plain
この他にも、クリームかよ!ってくらいにとろけるイカの刺身、ふわふわ茶碗蒸し、さらにお口直しのさっぱりミカンと、非常に豪勢な顔ぶれが並びます。 

ただ個人的に一番嬉しいのはあ……、f:id:hitomishiriman:20180108214305j:plain
酢飯の下にまだまだ潜んでやがるのさ!!!ヒャッホイ大盛り万歳!!

正直大盛り310円というだけでは「高くね!?」と思われるかもしれませんが、器から溢れんばかりの量の大盛りになって出てきます。これぞ大盛り!

 激ウマなてこね寿しを始めとし、サイドまで味わい尽くして完食。ごちそうさまでした!
f:id:hitomishiriman:20180108214623j:plain
 

総合評価

味:5
主役のてこね寿しの味わいと食感はもちろん、サイドのクオリティーもバカ高くて笑います。

締めて3,000円というお高い食事でしたが、旅先ということを考えればなんの苦もなく出せますね。
 
お店ののんびり度:4
おそらく常に満員ではないでしょうか。ある程度はのんびりできますが、混んでくるとそわそわしてくるかもw

まあ店内が古き良き和風な感じなのでどうしたってゆっくりしたくはなりますねw
 
 一人での入りやすさ:5
もともと観光客向けかと思うのでここは問題なし。ファミリー層やカップルが多いことは否めませんが、誰も気にしてませんし、よほどのことがなければ「想い出作りに食べたい!」という気持ちが先行して入店してると思いますw
 
 雰囲気:5
和風な建物なこともあり、実にのんびりしたくなります。もちろん混雑はしてますけどね。ここで同行者としっぽり思い出話をするのもいいですね。
 
値段と量のバランス:5.5
あれ、満点超えたわ。旅先での思い出ということに加え、あのクオリティーの料理を出されてはバランス最高と言わざるを得ませんw
 
 

まとめ 

 

 

おかげ横丁に行ったらとりあえず食っとけ!

 
もうこんな感じですねえ。このマグロの不思議な舌触りはぜひ体感していただきたい!サイドメニューも一つ残らずお代わりしたい、そんなレベルでございました。

てか普通におかげ横丁また行きてえな。
 
 

店舗情報

 

関連ランキング:郷土料理(その他) | 五十鈴川駅

 

 

view raw