ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

空気を織り込んだようなふわふわ食感!『わっふる日和』(千葉県緑区あゆみ野)のワッフルをレビュー!


スポンサードリンク

 

 

f:id:hitomishiriman:20180203185937j:plain

 

ーーー気になる飲食店との出会いは、街中でなくとも起こるもの。

なんてことを、このお店を知ることで感じましたね。この度、僕がよく利用する北千住駅にて、非常に気になる出店を見つけました。

 

関東初出店『わっふる日和』さん


www.waffle-biyori.net

今回見つけたのは、その名の通りワッフル専門店のわっふる日和さん。

初めて名前を聞く方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず。わっふる日和さんは千葉市緑区あゆみ野に店舗を構えるワッフル専門店。

都内在住であれば行けなくはありませんが、そんなに近場にはお店です。

今回関東初出店と銘打ち、北千住駅構内にショーケースを構えて販売しておりました。

f:id:hitomishiriman:20180203181627j:plain

 

 

試作に試作を重ねたこだわりのわっふる

生地に手作りのクリームや旬のフルーツをはさんだ自信作、

『新食感のやわらかいわっふる』はいかがでしょうか?

引用:わっふる日和公式サイト

 

 

ほう、新食感のワッフルとな。そういえば売り子のお兄さんも、

 

 

新食感のふわふわなワッフルはいかがですかー!

 

 

と、その食感を前面に押し出していました。店舗が千葉にしかなく新食感という売り出しをされると気になります。

また駅構内での販売期間が一月末までの数日間だけということもあり、せっかくの貴重な機会。今回はこちらのワッフルをもぐもぐすることに。

 

わっふる日和の特製ワッフルレビュー!


f:id:hitomishiriman:20180203161024j:plain

f:id:hitomishiriman:20180203161039j:plain

今回は味比べをするために四種類購入。ちなみに味は完全に僕の趣味で決めてます。それでは一個ずつ食べていきましょう。

 

①ベリーベリーレアチーズ

f:id:hitomishiriman:20180203161416j:plain

f:id:hitomishiriman:20180203161441j:plain

こちらはベリーベリーレアチーズ350円。美しいピンク色の生地に1/4ほどにカットされたいちごが三つ。袋を開けると強めにイチゴの香りが漂いますね。

 

早速一口……もぐもぐと。

 

う〜ん!

食べると、まずスポンジのふわふわ感に心が奪われます。

ワッフルといえば僕の中で結構硬めで噛み応えのある生地というイメージ。割と生地がしっかりと固められているというのでしょうか。

f:id:hitomishiriman:20180203161704j:plain

しかしこのワッフル生地はこれまでのモノとは全く違う食感。

生地にふんわり空気が練りこまれているかのように、大変に柔らかな舌触り。シフォンケーキのようなふんわりした食感を楽しめます。

いちごは、甘みと程よい酸味がマッチした味わい。果肉がとてもしっかりしています。

f:id:hitomishiriman:20180203161928j:plain

チーズクリームの下にストロベリーソースが敷き詰めれており、このストロベリーがまあよく舌に絡みつく!

生のいちごはさっぱりとした甘みですが、こちらはねっとりと舌に残る甘みです。

風味全体としては、チーズよりも断然いちごが強い。チーズを期待するよりもいちごの味を中心に楽しめると考えて良いでしょうな。

 

②プラリネショコラ

 f:id:hitomishiriman:20180203162701j:plain

f:id:hitomishiriman:20180203162708j:plain

お次はこちらのプラリネショコラ280円。いちごの次は濃厚なショコラの香りが漂います。

あの、あれですよ。チョコじゃなくてショコラの香りです。なんか違いはよくわかりませんがとにかくショコラの香りです!(雑)

f:id:hitomishiriman:20180203162858j:plain

こちらのワッフルも先ほどと同じ二層構造。

チョコクリームの下にカスタードクリームという二層構造なんですが、このチョコクリームが非常に弾力のある食感なんですよね。

イメージはモンブランに乗っているマロンのような硬さでしょうか。普通のクリームよりも若干かみごたえがあります。

ワッフル生地にもチョコの風味はありますが、ここでの主役はチョコクリームの模様。生地のチョコ風味は、ほんのり漂うくらいくらいで収まっています。

このチョコソースもまた舌にまとわりつきますねえ。

ストロベリーソースはねっとりトロトロとしていましたが、こちらはふわっと口の中を転がります。しっかり泡だてたメレンゲのようですね。

 

③まっちゃおぐら

f:id:hitomishiriman:20180203163459j:plain

f:id:hitomishiriman:20180203163505j:plain

続いてはまっちゃおぐら280円。今までの二つは香りが強め。しかしこちらはほんのりと抹茶の香りが漂うレベル。控えめですね。

こちらにはあんこと生クリームがぎっしり詰まっています。

f:id:hitomishiriman:20180203164657j:plain

『食べ応えのある粒あんと、ふわふわな生クリーム』そして『甘さ強めなあんこと、ふんわりと甘い感じの生クリーム』

という食感と甘みのどちらもが対極な二層が登場です。

香りは控えめですが、甘さは今回の四品の中で最も強い印象。あんこがかなりぎっしりなのでその影響かもしれません。

抹茶、というだけあり和の印象が強い持このワッフル。どちらかというと抹茶よりもあんこの強い甘みによって和風な雰囲気を醸し出しています。

 

④マロン

f:id:hitomishiriman:20180203171214j:plain

f:id:hitomishiriman:20180203171246j:plain

最後はマロン280円。

今回の四品の中では一番プレーンな風味と香りをしています。どんなマロン風味が漂うのだろうかと思っていましたが、予想よりも風味は弱め。

口に入れると風味は弱めですが、味としては甘い栗の味が広がりますね!ただし砂糖等の甘さはほぼなく、栗の自然な甘さが口の中に漂うイメージ。

f:id:hitomishiriman:20180203171759j:plain

こちらも二層のクリーム。舌触りはどちらも似ていますが、下の層はカスタードに近い舌触りですねえ。上の層はより舌にざらつきより絡みつく食感。

どちらも風味は似ていますが、舌触りは結構違います。

f:id:hitomishiriman:20180203171949j:plain

大ぶりな栗もしっかり鎮座。栗の持つ甘さだけを純粋に楽しむことができます。

 

まとめ

今回は四種類のワッフルをいただきました。全てに共通するのが生地がフワッフワであるということ。確かにこれは新食感!

スポンジケーキで果実やクリームを包み食べているかのような柔らかさ。今までの硬めな食感とは全くの別物です。

スポンジはどれも等しくフワッフワですが、味わいや舌触り、香りはどれも微妙に違っています。どれもこれも高いクオリティで美味しいひと時を提供してくれますね。

お土産で持って行けば確実に喜ばれそうな一品。店舗が千葉というのが難点ですが、通信販売とかあるのかな……。

もしあれば是非また頂きたい味わい。ちょっとその気になれば、これを食べるために千葉に行くのも全然アリですけどね。

 

営業時間や住所等

  

関連ランキング:洋菓子(その他) | おゆみ野駅

  

 

 

view raw