ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

輝く親子丼で極上のランチを。『鳥つね自然洞』(御徒町)で至福の時間を過ごしてきました。


スポンサードリンク

 

 

 

『親子丼といえばここしか思い浮かばない』

『これぞ究極の親子丼

 


 ーーーこんな文言を並べられたら、どうしても食べたくなるのが人の常でございますなあ。

この文面を見つけたのは天下の食べログさんのコメント欄から。もともと「上野の方にとてもうまい親子丼の店がある!」と耳していたんですよね。

丼ものは大好きですし、親子丼なんてもう人目を憚らず書き込みたいくらいには大好き。

先日、たまたまその方面に仕事で行くことがあったものですから、ちょっくら行ってみようかということでググってみた訳です。

そこへきてのこの絶賛コメントの数々。

数字の評価も3.65となかなかに高め。もちろん言うことを聞かないお店の評価は下げる等黒い噂もあるこの数字。

信用しきってはいけないと思いつつも、美味しいものを外したくない身としてはある程度の期待は寄せてしまいます。

仕事にかこつけて、交通費を浮かせながら「どんな親子丼かしら?」と赴いた次第です。

 

『鳥つね自然洞』へお邪魔

訪れたのは御徒町にある『鳥つね自然洞』さん。11時30分開店なのですが、11時の到着時点で既に先客が。
f:id:hitomishiriman:20171225183718j:plain
これは早めにきておいて正解ですねえ。私も外回り中ですのであまりながーく待つことはできませんので。

早めに並び待つこと20分ほど。いよいよ開店です。お姉さんに案内されいざ入店!
f:id:hitomishiriman:20171225184013j:plain
一回は厨房を目の前に作られたカウンターと団体席。そして二階にも部屋があります。開店してすぐにも関わらず、入り口付近には既に席待ちのお客さん。本当に大人気ですねえ。

店員のお姉さんがメニュー表を持って一人一人に尋ねます。これだけ混んでいるもんですから、あまりモタモタはしていられません。

基本メニューの親子丼を始めとしいくつかのメニューがありましたが、今回は直感で『モツ入り親子丼(1,300円)』+大盛り100円を選択。少しばかり豪勢なメニューを選択です。

 

煌く親子丼の登場

注文順に一人、また一人と提供されて行く親子丼たち。僕の隣のご婦人への提供が終わりそわそわしていると「お待たせしました!」の声と共に、こちらが登場!
f:id:hitomishiriman:20171225184123j:plain
めっちゃ!!!!!めっちゃキラキラしてるぞ!!!!なんですかこれは?明らかに生状態の白身が、丼の上で美しく光を反射させキラキラ輝いている……。

f:id:hitomishiriman:20171225184315j:plain

f:id:hitomishiriman:20171225184309j:plain
半熟状態の白身と生の白身、そして半熟の黄身という三種類のキラキラが惜しげも無く僕らを待っています。

この輝く白身を、まずはモツに絡ませ一口……。
f:id:hitomishiriman:20171225184406j:plain
うーーーーーーん、非常にプルンプルン!半熟白身はプルプルで、お口の中にいつまでも残したい。そんな柔らかさ。

生状態の白身はズルズルっとひと啜りしたい喉越し。異なるプルプルが絡まり、大変に食欲をそそる食感でございます。

モツはかなりのトロトロ具合!噛んだ後に舌で軽くスライドさせると少しザラザラしたような感覚あります。

例えると『細かいお肉の粒子を合体させて、一つのモツを構成している』ような、まるでそんな食感。
噛み応えよりもとろけるように舌で押しつぶせてしまうのが特徴のモツです。

f:id:hitomishiriman:20171225184522j:plain
こちらは主役の鶏肉。こちらはモツとは違った柔らかさを持っています。いわゆる王道の噛み応えのあるお肉ですね。かなりプリプリとした食感で、中にしっかりとダシが染み込んでいるのがわかります!

こちらのダシはご飯も含めどこを食べても等しく染み込む素晴らしさ。
f:id:hitomishiriman:20171225184656j:plain
白米にもたっぷり染み込んでおりますなあ……。卵の自然な甘みも加わり極上のTKGを食しているような気分にも。

さらに、初回は生状態だった白身が徐々に熱によって半熟に変化!また違った半熟のプルプルを味わうことがで見るのも醍醐味です。

f:id:hitomishiriman:20171225184838j:plain

f:id:hitomishiriman:20171225184922j:plain
これは本当に箸が止まらない。卵が『半熟の黄身・半熟の白身・生の白身』で少しづつ違う食感。ダシも器全体へ遠慮なく染み込まれ、ゆっくり味わおうと思っても本能で手が……、親子丼を掻き込んでしまうのだ……!

あっという間に完食。これは確かに、旨すぎるでしょう!
f:id:hitomishiriman:20171225185009j:plain
ごちそうさまでした!モツと鶏肉、二種類の異なる食感のお肉を存分に味わえて、それをとろとろの卵がサポート。ダシが全体に最後の仕上げを加えている。

こりゃあお箸が止まらないわけだ……。

 

総合評価

 

味:5

味は文句なし。丼の具材も素晴らしくよく煮込まれ、ダシの風味がどこを食べても口の中に広がりました。卵もトロトロで口当たりも文句なしです!

 

お店ののんびり度:2

これは人気店ゆえでしょうか。もちろん急かされたりすることはありませんが、少なくともランチ中は激混みしますのでサクサクと食べた方が良さそうです。

 

一人での入りやすさ:5

小さな定食屋なので気兼ねなく入れます!孤独のグルメのように黙々と味わうもよし、友達と「話題のとこ行こうよ!」のノリで行くもよし。

 

雰囲気:3

多忙なランチ時というのもあるでしょうが、ご主人がやや店員さんに怒り気味なのが気になりました。飲食店は本当に忙しいですし致し方ないですけどね。僕のように、そういうのが気になる方は少しそわそわしちゃうかも。

 

値段と量のバランス:4

大食らいとしてはもうひと越えご飯が多くてもよかったですw器のがやや浅いかな?とも思いました。しかしクオリティーが素晴らしいのでそこまでは気になりません。満点じゃないのは完全に僕が大食いゆえだからですねw

 

まとめ

味は文句なし!量はおそらく普通の人なら充分満足できるのでご安心をw

友人や家族、恋人と行っても、一人でも行っても、どんな場面でも使える最高のお味!美味しすぎて至福の時間でございました……。

 

 

店舗情報 

関連ランキング:鳥料理 | 末広町駅上野広小路駅御徒町駅

 

 

 

view raw