ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

前世は綿菓子だな、これは。『オムライスLABO』(高田馬場)でふわふわすぎる卵にハマってきた。


スポンサードリンク

  

ーーー本当にFacebookというものは使いづらい。いつに間にやら一般人はいなくなり、気づけばキラキラ起業系をはじめとしたビジネス臭漂う方々の巣窟となってしまいました……。

しかしそれでも有効な使い方はあるもので、最近はもっぱら『良さげなお店の情報を手に入れるため』だけにFacebookを活用しています。

ほら、よくいるじゃないですか。例えばFacebookでラーメンの食べ歩きをして逐一投稿する人。結構今でも美味しいお店の写真をアップする人は多いんですよね、実は。

僕も偶然の出会いでお店を見つけるのも限界がありますから、そういったものもフル活用しているのです。

今回はそれで見つけたお店の一つ。どうやら『嵐にしやがれ』『王様のブランチ』等で取り上げられたこともあるような有名店。

最近めっきりテレビを見なくなったため知りませんでしたが、前評判がかなりよくその方の投稿でも絶賛されていたため今回訪れることにいたしました。

 

『オムライスLABO』へ行く

今回訪れたのは『オムライスLABO』さん。
f:id:hitomishiriman:20171213181803j:plain
看板からして研究所感溢れているお店です。どうやらオリジナルオムライスがいくつも取り揃えてあるお店らしいようですね。ちなみにこの写真を撮る少し前まで数人の列ができていました。

店頭にはオリジナルメニューがずらり!
f:id:hitomishiriman:20171213181845j:plain
おおう、納豆にトリュフ……どれもこれも聞いたことないものばかり。果たしてどんなお味がするのでしょうか?

15分ほど並びいよいよ店内へ。こじんまりとした店内はすでに満員。
f:id:hitomishiriman:20171213181914j:plain
僕以外全員カップルを含めた二人連れでしたがそんなことはものともしません。誰かと話しながらご飯を食べたって味が分からないじゃないか。だから悔しくなんてないんだ(震え声)

どれを選ぶか迷いましたが、今回は『とろーり焼きチーズ蟹クリームオムライス920円(税別)+特盛150円』を選択。蟹クリームとか超美味しそうじゃないですかあ……。

 

さあ、至福の時間だ

こうして出てきたのがこちら!
f:id:hitomishiriman:20171213182106j:plain

f:id:hitomishiriman:20171213182249j:plain
ウヒョおおおお!豪勢にチーズがどっさり!見た目からしてもう舌鼓が打てちゃいます。出てくると、ほのかに蟹クリームの香りがふわあ。これは早く食べたい。

f:id:hitomishiriman:20171213182357j:plain
スプーンでひとすくいした瞬間に卵のふわふわさが手に伝わる……。それをそのまま口に、パク。

 

 

 

前世は綿菓子だ。きっとそうに違いない。そう思わせてくれるほどのふわふわ加減。ふわふわすぎて空気と同じくらい違和感なく口の中で溶けてしまいます。あれ?もう無いの?

f:id:hitomishiriman:20171213182453j:plain
さらにこのソースをたっっぷりかけるとチーズの香ばしさがより漂い始める……。この焼け目からしてすでに香ばしいじゃないですかあ、こんなの絶対旨い。

蟹は比較的ほのかな存在感でかすかに風味を感じ取れるくらい。しかし、蟹独特のあの風味(ボキャ貧)は確かに存在。

そして肝心の卵からは、なんとも自然の甘さを感じます。舌で甘みを感じることができるのですが、おそらく人工的な味付けをしてないんですよね。

卵そのものの、くどさの無い気持ち良いほんのりした甘さが口いっぱいに広がります。これはなんとも健康的。

f:id:hitomishiriman:20171213182730j:plain
ライスはチキンライスではなく白米。ですがよく見ると、黒いぽちぽちが目に留まります。おそらくこれは胡椒。

まず白米だけで食べるとこの胡椒自体がアクセントになり、非常に箸が進む味わいになるんですよね。このぴりりとした感じがたまらない……。

白米を卵と一緒に食べると、今度は胡椒があまり主張はせず卵の自然な甘さが主役に。卵を味わう中でほんの少しだけ顔をだし、卵を引き立てるだけの存在に変わります。ふわふわで甘い中でイレギュラー的に顔をだす胡椒ーーー最高です。

付け合わせのスパゲティーもご一緒に。
f:id:hitomishiriman:20171213182913j:plain
おしゃれな陶器に入ったこちらは、オムライスと変わって結構なトマトの酸味が効いています。ふんわり優しい甘さを楽しみながらトマトの酸味も楽しむ、といういただき方がベストなのでしょう。

f:id:hitomishiriman:20171213183021j:plain
せっかくなのでサイドのポテトとオムライスを一緒にパクリ。うーん、こんがりサクサクなポテトが合わさりまた別の食感へ変化します。

そもそも芋にこのソースがすこぶるマッチ。ポテトにソースをディップすると大抵うまいのですが、ここも例外なく旨さを発揮。特にチーズソースなんて最高にうんまい……。

f:id:hitomishiriman:20171213183234j:plain
ああ、もうすぐ終わってしまう……。ここまで食べて、蟹やチースの風味が素晴らしいことは実感。

f:id:hitomishiriman:20171213183352j:plain
しかしそれでも主役は卵!何と食べてもどこに卵が潜んでいても、綿菓子のようなふわふわさと自然な甘さが気になって頭から離れません。

 

名残惜しさを感じながらもちろん完食。ご馳走様でした!
f:id:hitomishiriman:20171213184455j:plain

 

もはや言葉は無粋。食べればわかる、この異常なふわふわ加減。あまりにも自然に口の中で溶けていくので、もはや空気と同化しても良いかなと思います。

この感じだと他のオムライスも十分なクオリティーが期待できますねえ。今度はもっとイレギュラーな感じの具材にチャレンジしようかしら。このオムレツも普通に食いてえ……。売ってないかな。
 

 

店舗情報 

関連ランキング:オムライス | 高田馬場駅下落合駅目白駅

 

 

view raw