ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

うず高く積まれる肉の快感。元祖味噌カツ『味処叶』(名古屋・栄)でジューシーな快感を!


スポンサードリンク

 

先日、現実逃避がしたくて名古屋へ旅行に行ってまいりました。やはり、平日週五でトコトコ働き続けるともう疲れが溜まってしょうがない……。

「たまには小旅行で、心に癒しを与えたい!」というOLのようなことを思う日々なのです。

今回訪れたのは愛知県名古屋市。観光をしたいというよりも、味噌カツやらひつまぶしやら本場の旨いもんを食いてえ!!という食いっ気ゆえに名古屋をチョイス。

「いや他の県にもあるだろ!」と思うでしょうが、遠くなるともっと長めの連休がないときついのです……。社畜のつらみ

味処『叶』にお邪魔

今回名古屋で頂いたのがこちらの『味処叶』。名古屋では味噌カツ発祥の地として知られている有名店だそうです。せっかく名古屋に来たのだから、やはり王道中の王道の飯は食べたいところ。

お店の場所なのですが、ちょっとわかりづらいところにあります。大通りの近くを歩くと叶の看板が。これはおそらく営業時間中にしかないので注意。この矢印の小道を入ります。f:id:hitomishiriman:20171108183646j:plain


突き当たりまで行き右を向くと叶の看板があります。
f:id:hitomishiriman:20171108183938j:plain


奥の光ってる白い看板が叶です。f:id:hitomishiriman:20171108184035j:plain

いやあ、まさに隠れ家!発祥の地から目立とうとせずひっそりと、しかし確実に自分の存在感を主張している感じがたまりません。

中は非常に手狭で、すでに超満員。カウンターとテーブル席がそれぞれ10席ほどあります。
f:id:hitomishiriman:20171108184358j:plain


メニューも渋いですねえ。慣れないワードで作った感じがたまりません。
f:id:hitomishiriman:20171108184507j:plain
頼むのは元祖味噌カツの大盛り+味噌汁付き!合計1,780円です。四人ほどの店員さんに対して圧倒的に多いお客さん。めちゃくちゃ忙しそうにお客さん対応をしています。

 

最高の丼を食らう!!

そわそわしながら待っていると、店員さんの「お待たせしましたー!」の声!いよ!待ってました!お待ちかねのカツ丼が、これだ!

 

 

 

 

f:id:hitomishiriman:20171108184636j:plain
なんだこれは……!

 

f:id:hitomishiriman:20171108184840j:plain

f:id:hitomishiriman:20171108184843j:plain

f:id:hitomishiriman:20171108184846j:plain
どの角度から撮っても、圧倒的な肉感。大盛りどころか特盛、いやメガ盛りクラスの勢いの量です。これはやばい。

f:id:hitomishiriman:20171108184939j:plain
しかもご覧の通り、一切れ一切れがめちゃくちゃ分厚い。

 

「我、味噌カツ発祥の地ぞ?w味わえるだけも幸せぞ?wんん?w薄くても文句言うなよ?んん?w味わえるだけで幸せぞ?w」

 

などという奢りは一切無い。一切れ一切れが、圧倒的顧客満足をお届けしようとしている。なんだこいつらは……。

まだ一口も食べてないのにすでに圧倒されている……。見るだけでお腹いっぱいになる前に、早速いただきます!




〜〜〜〜〜ッッッ!!一口噛むと、丼が目の前に置かれた瞬間から漂っていた味噌の香りが一気に爆発。

これは濃いめの赤味噌だろうか?あのでかい粒が混ぜ込まれた赤味噌を思い浮かべるほどの濃厚な香りです。これだけでごはん二杯はいける……!

噛み応えは見た目通りの肉厚!それでいて固すぎることはなく、非常にすんなりとろけるお肉が楽しめます。これは素晴らしみが深い。

こちらはカツの端っこの方。f:id:hitomishiriman:20171108185112j:plain
カツの中心部は柔らかくも肉厚な食感。しかし端っこは、衣のサクサク加減と味噌のしっとり具合が入り混じったナイスな食感。えげつないくらいの味噌が染み込み噛むたびに油とともに食べるものを昇天へと……。

ああ、カイッ・カンッ……!❤️(昭和ネタ)

肉と味噌の快感の渦に溺れながら、うず高く積まれた肉をせっせと口に放り込んでいくと、中から見慣れない顔が……。f:id:hitomishiriman:20171108185549j:plain

 

おや……?f:id:hitomishiriman:20171108185818j:plain
照れ臭そうに光りながら生卵の登場だ。主役のカツに負けて自己主張できないでいるのでしょうか?

 

 

ーーー大丈夫だぞ、今君に出番を与えよう。

 

 

 

f:id:hitomishiriman:20171108185947j:plainあ……そんなに強く押されると……❤️

 

 

f:id:hitomishiriman:20171108190053j:plain
はああああああ!あっという間にトロトロな黄身へ変化。形を失った生卵は本当に尊い……。

カツをちょっと入れ込めばとろーりな黄身がカツに絡みつく。
f:id:hitomishiriman:20171108190640j:plain
宝石のごとき輝きを放つカツ……。ああ、もうたまらない。これを口に入れると黄身が舌にダイレクトアタック。固形に近しいトロトロ加減で口を包み込みます。うーん、これは濃厚である……。

味噌もかなりの濃厚具合なので、この二つが合わさると口の中にはインパクトしか残らなねえ!いつまでも口に残りそうなほどトロトロな黄身とずっと鼻に残る味噌の香り。最高オ……。

 

ふう、黄身を堪能堪能……

 

 

 

f:id:hitomishiriman:20171108190916j:plain
と思ったら白身もいた!どうやらご飯とカツの間ですっかり半熟に仕上がっておりました。いやあ、良い具合にプリプリなのが写真でも伝わって来ますね。

f:id:hitomishiriman:20171108191044j:plain
丼の下に溜まったご飯に、半熟白身やはぐれ衣や味噌がぐちゃぐちゃに混ぜ込まれている。ああ、こういうの本当に最高。

上から滑り落ちた、本来日陰で落とされるべきな味わい深い残りカス達が、丼の下方であなたを伏兵のごとき味の襲撃を仕掛けるために待ち構えているのだ……。

もう十分食べているのに、全然肉が減らねえ減らねえ……!f:id:hitomishiriman:20171108191637j:plain

f:id:hitomishiriman:20171108191640j:plain
これだけ大量のカツを上から攻めていき、下にたどり着くと今度は様々な味の混ざり合った染み込みご飯が我々をお出迎え。ああ、最後まで素晴らしみが深い……!

この丼で一番驚きなのが、この赤味噌、飽きがこないのである。結構味も匂いも濃いめであるはずなのに「うわっ!くどい!」とはならない。毎回の一噛みで脳天直撃の濃厚味噌が味わえるという神具合なのです!

名古屋発祥の元祖味噌カツ!隠れ家的なお店でこそこそいただくのがもったいない美味しさの元祖味噌カツ!もちろん完食。ごちそうさまでした!f:id:hitomishiriman:20171108192358j:plain

お値段以上の最高のクオリティー

いやあ、さすが本場の味噌カツという感じでしょうか?「1,780円はちょっとお高いかな?」と思うかもしれませんが、量・味・食感、ともに最高。地元の人間でも毎日食べたい美味しさでございます。

これはきっとそこらへんのチェーンでは味わえない……。この味噌カツのためだけにまた名古屋へ行きたい。「さすが本場!」と言うべき最高の味噌カツ。名古屋まで来た際にはぜひ!

 

店舗情報 

関連ランキング:とんかつ | 栄駅(名古屋)栄町駅矢場町駅