ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

お口に優しいマグマをもぐもぐ。『大塚屋(市ヶ谷・飯田橋)』で絶品辛味噌ラーメンをいただいてきた。


スポンサードリンク

 

 

気づけばもう、10月。先月までは「アチいアチいアチい」言いながら日々働いていましたが、いつの間にやら「寒い寒い寒い」に切り替わっておりました……。

それにしてもだいぶ遅い秋の訪れというかなんというか……。去年は九月でも涼しく働いていた思い出があります。

まあなんにせよ、季節が着実に変わりまた一つの年が終わろうとしている実感が湧いてくるこの頃です。える知っているか?今年もあと二ヶ月ちょいなんだぜ……。

そんな寒くなってきたこの頃はやはり、ホットなものをいただきたくなるもので。最近は暖かくてうまいものはねえかと目を光らせるようになりました。

そんなおり、僕の先輩で変人のとあるブロガー兼ライターさんからお声がけいただきまして。 

 

 

俺の前職の近くにうめえラーメン屋あるから行かねえ?

 

彼は起業家ニートライターさんという方。

karasimentai.hatenadiary.jp

『即セックスできる街コン』についての記事を書き、ホリエモンにも取り上げられた経験のある方です。

その方は新卒で入った会社をわずか五ヶ月で辞めるというゆとりっぷりを発揮。

曰く「前職に入って唯一良かったことはこのラーメン屋が近くにあったこと」と豪語するほど。

なるほど、それほどまでに旨いラーメンとな……。しかもこの寒くなってきた季節にはぴったりじゃありませんか。ということでテクテク食べに行くことに。

*ちなみに今回の記事は、先輩と一度食べに行き、後日改めて食べに行った時のことを記事にしていますのでご了承くださいな。まあ本編には大した影響はありません。

 

『大塚屋』へGO

訪れたのは、市ヶ谷にある『大塚屋』というラーメン屋。f:id:hitomishiriman:20171016233443j:plain
ご覧の通り、看板等はなくうっかり見落としてしまうような店構え。隠れ家的な人気店らしく、小さい店舗ながらその味を求めて人が並んでおりました。

f:id:hitomishiriman:20171016233553j:plain
ウヒョオオオ。この規模の店にしては割と並びますねえ……。

 

メニューは二種類だけ

この店の売りは辛味噌ラーメン。というかほぼそれしか選択肢がない。f:id:hitomishiriman:20171016233723j:plain
このようにメニューが二種類だけなんですね。しかも土曜の夜に関しては辛味噌ラーメンのみ。小規模チェーンながら、非常に会社のこだわりが垣間見えます。

店内はこのようなカウンターが8席ほど。f:id:hitomishiriman:20171016233858j:plain
と、席に着く前に食券で購入します。僕は『辛味噌ラーメン(750円)』を選択。朝から何も食べてなかったので、+50円で大盛りにしましょう!

 

マグマラーメン登場!

さあさあ、どんなラーメンが登場するのか。数分で出てきたのがこちら。f:id:hitomishiriman:20171016234104j:plain
おおおおおお見た目からしてホットな色合い。匂いは、キムチチゲのような印象を受けます。これは楽しみ。体が温まりそうじゃ。

f:id:hitomishiriman:20171016234135j:plain
馬鹿高いネギタワーから良い薬味の香りがつうんと鼻をつつきます。

 

それでは早速麺を一口、いただきましょう。f:id:hitomishiriman:20171016234312j:plain
ンンンンンン〜〜!!口に入れると、麺に絡むスープが口を心地よく刺激します。濃厚な味噌の舌触りと、キムチチゲのようなピリ辛さが鼻と口をツンツンツンツン!非常に濃厚な味わいです。

f:id:hitomishiriman:20171016234445j:plain
この濃厚さを支援するのが、スープのドロドロ加減です。写真では少し分かりづらいですかねえ。やや固形に近しいような食感で、辛味と旨味の両方を確保しつつ口の中へ。

さらさらスープではそのまま喉を通り過ぎてしまう辛味と旨味を、確実に口へ散らしてくれます!まさにマグマ。口の中で溶岩が溶け出しています。これは普通の火よりも強そうだあ……。

 

 

 

 

 

 

f:id:hitomishiriman:20171016234954j:plain
引用:“マグマは火を焼き尽くす”の考察

 

 

 

 

*この画像は特に関係ありません。

 

口の中では「辛い!」「熱い!」が格闘中。しかしこのドロドロがすぐさま「旨い!」を運び込んできます。

この「辛い!」も、いわゆる激辛店のアホみたいなからさではなく、ウマ辛いを味わうのに十分な程度の辛さ。「辛いというか痛すぎて食えねえ!」なんてことはないのでご安心を。でもよほど辛いのが苦手な人は避けた方がいいかも。

スープがドロドロなので、ご覧のようにどこを食べてもしっかりとこの辛旨いを体験することができますよ。
f:id:hitomishiriman:20171016235226j:plain

 

このスープは添え物たちも抜群に美味しくしてくれます。f:id:hitomishiriman:20171016235318j:plain
このもやしはまるでナムルのような濃厚な味わい。スープによって最高のおつまみ的な旨さを醸し出します。これをおかずに白米をがががっといただきたい。

肉も素晴らしいですよおおおおおおお!!!!
f:id:hitomishiriman:20171016235416j:plain
分厚い!分厚いぞ!実際に見るとこの厚さがわかると思います。この角煮がまた絶品。

素晴らしいくらいに、体に悪そうな(褒め言葉)脂のプリプリ具合を味わえます。これが3~4個入っていて、僕を興奮の境地へ誘う……!

こちらはサービスの半熟たまご。スタンプカードの提示で毎回もらえます。
f:id:hitomishiriman:20171016235513j:plain
ヌフフフフ。尊さが止まらない。

まごうことなき半熟。黄身の全てがとろっとろで、そこにドロッドロの辛味旨味スープが交わるもんだから口が小躍りしてる。わっしょいわっしょい!

 

そうこうしてたら、ああ……もう少しで終わっちゃう……。f:id:hitomishiriman:20171016235615j:plain
でもこの残り少ないスープの中にチャーシューやら麺やら下に溜まったうんめえ具材があるから寂しくないんだ!一気にいただきます!

 

f:id:hitomishiriman:20171016235704j:plain
ふう、ごちそうさまでした。いやあ、朝から何も食べてなかったにも関わらず、一気にお腹いっぱいに。800円でこの満腹感はコスパ最強です。しかも旨い!

 

まとめ

だんだん寒くなってきたこの頃。美味しく体を温めたい方にはぴったりの旨辛いラーメンでした。しかも痛いほどの辛さではなくじんわりした辛さなので、よほど辛いのが苦手な人でなければ美味しくいただけます。

ちなみにこちらがスタンプカード。f:id:hitomishiriman:20171017002615j:plain
スタンプ10個でラーメン一杯無料!そしてカードの提示で必ずあのうんめえ半熟卵がもらえます。これは作らない理由ねえよなあああああ!?(謎の威圧)

そんなわけでまた行きたい辛味噌ラーメン。寒くなるこれからの季節、オススメですよん。

 

店舗情報

関連ランキング:ラーメン | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅飯田橋駅