ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

女子力高すぎい!なオシャレカフェ『まんぷくカフェ ごはん茶々。目白坂下(江戸川橋)』でたまにはのんびりしましょうか。


スポンサードリンク

 

 

 猛暑になったり、雨が降ったり、忙しく天気がコロコロ変わる今日この頃。こうも不安定な天候ですと、営業の外回りは辛い。

 晴れかと思って出かけたら謎のお天気雨に襲われ、出勤時は曇っていたため傘を持って行ったら、午後はカンカン晴れ。使わない傘を持って訪問先に行くことほどめんどくさいことはない……。

 そんな、天候にも左右され気疲れする営業マン、僕氏。とはいえ、外回りにかこつけて自分好みのお店を探せるのもまた一興。

 調べてから行くと自分の趣味嗜好によりがちですが、適当にぷらぷらしていると思わぬ出会いがある可能性もあり。それに、ネットではなく実際に目で見た店舗だと印象がガラッと変わることもありますしね。


 今回見つけたお店も、ネット経由ではいかなかった可能性のあるお店。こちらが外観。

f:id:hitomishiriman:20170913192502j:plain


店内はこちら。

f:id:hitomishiriman:20170913192950j:plain

f:id:hitomishiriman:20170913193000j:plain

 おいおい女子力高すぎやしないかい?手作り感の溢れる店内に、可愛らしい小物の数々。ちょっとした隠れ家的な雰囲気を醸し出す店内です。

 こんな女子力溢れるお店の名前は『まんぷくカフェ ごはん茶々。目白坂下(江戸川橋)』でございます。名前もなんとも可愛らしい。非常に疲れていたこともあり、その日の僕は「女子力たけえ……入りづれえ……」よりも「癒し……癒し……癒し……」と癒しの亡者になっておりました。気づいたら、足がお店の方向へ、手が勝手に扉を開けます。

 五人ほど先客がいたのですが、みなさん女性。主婦、女子大生(っぽい人)、マダム、とあらゆる年齢層をコンプしている客層。

 これはどうやら、汗をかきヒイヒイ言っている疲れたサラリーマンがこれる場所ではない模様。まあ良いでしょう、そんなことは気にせず着席。

ランチはどうやらこちらの黒板に書かれたメニューを選ぶようです。

f:id:hitomishiriman:20170913193124j:plain

 基本のランチメニューは肉系or魚系。唐揚げも人気とのことで、茶々のわがまま三種は肉と魚と唐揚げを全部食べれるそうです。

ちなみに普通のメニュー表も手作り感溢れる可愛らしい仕様。

f:id:hitomishiriman:20170913193149j:plain

 わがままな僕は当然、茶々のわがまま三種(1,300円)を選択。久々に魚食うぜえ。さらにランチは以下のオプションが選べます。

 

 

白米or雑穀

大盛り

デザートorミニカレー

お好きなドリンク一杯

 

 

 これらすべてが無料。メニュー豊富な上にこのサービスは嬉ぴい。そして少し待ち、登場したお食事はこちら。

f:id:hitomishiriman:20170913193257j:plain

 見るからにヘルシーな面々。最近は油にまみれた肉を食べることが常なため、こんなおしゃれな木製プレートは久々である。箸もね、手作りなんすよ実は。

f:id:hitomishiriman:20170913193316j:plain

 

それではいつも通り一種類ずついただいていきましょうかの。まずはハンバーグをパクリ。

f:id:hitomishiriman:20170913193344j:plain

 見た目に違わぬヘルシー加減。この白いフォルムからして油っぽさはないのかなと思っていましたが、やはりなかったでしたね、ええ。

 大変にフワフワで、肉のジューシーな質感はあまりなくフワフワ感が強く主張しています。もしかして豆腐ハンバーグなのかしら。大変にさっぱりといただける一品。

 

米は、健康志向ぶって雑穀を選択。ご覧の通り艶が際立つお米。

f:id:hitomishiriman:20170913193523j:plain

 口に入れると結構もっちりな歯ごたえ。先日雑穀をいただきましたがその時のパラパラしたものとはまた違う食感でございます。

 どちらかというと先日いただいた雑穀の食感がスタンダードなのかなとも思ったりしましたが、もち米のような食感もあるんですねえ。これは健康でありつつ満腹になる予感。つまりデブ

 

もう一つの主役級、秋刀魚もいただきます。おろしを乗せてたっぷりと……。

f:id:hitomishiriman:20170913193733j:plain

 

 

 

 

 

……!!!なるほど苦味が旨いとはこういうことか!

 ハーフサイズの、しかも頭部なので結構苦味が強い。ですがそれがたまらない……!昔は実家で魚を食べるときは「なんだいこの黒いとこ!苦いしいらねーやい!ポイーッ」と放置して、母親に「苦いのが美味しいの!」などと言われておりました。

 そのときはよくわかりませんでしたが、出来たて秋刀魚の苦味ってこんなに美味しんですねえ。苦味というより、アクセントという捉え方を僕はしています。苦手な方はおろしをよりたっぷりつけると中和されますよ。

 苦味うめえとむしゃむしゃむしゃむしゃ……。と、ついついガリっと背骨をかじってしまいましたが、これまた驚きの柔らかさ。よく火が通っているおかげか、背骨もばりぼりといただけます。柔らかくなったクッキーをイメージするとわかりやすいかも。これは無駄がない秋刀魚です。

 

付け合わせも際立つ品々。

f:id:hitomishiriman:20170913193857j:plain

 サラダはシャキシャキ。レタスに人参のおろし(?)と思われるドレッシングがかかっています。いや、ピューレかな……?とにかく女子力の高いドレッシング。

 

 こちらは鰹節のふりかけ。めちゃくちゃダシが染み込んでます。

f:id:hitomishiriman:20170913193923j:plain

 やばいです。噛むたびにカツオの香りがジュンジュワ~と口に染み出すイメージ。だし汁(?)もカツオ節からしみ出し、ふりかけとしてかなり優秀。

 

 

 こちらはもやしのナムル的な?ものですね。

f:id:hitomishiriman:20170913193949j:plain

 不思議なことに、お味はわりかし甘め。なんとなくオヤツのような、デザートのような、そんな風味。甘みの中に豆の香りもあるので、ピーナッツに近しいイメージかもしれません。

 

 そして今回のラインナップには、この店で人気と噂の唐揚げも登場。口かじると脂がジュワーーーーーーー!今回は健康志向なメニューで攻めていたのでここにきて、再び不健康まっしぐらな美味しさが顔を出します。

f:id:hitomishiriman:20170913194039j:plain

脂が止まらない……。どらげない……

 

 主食たちをもぐもぐしたらば最後はミニカステラとりんごジュースでほっと一息。ジュースがまた味が濃くてうめえんだ……。

f:id:hitomishiriman:20170913194111j:plain

f:id:hitomishiriman:20170913194117j:plain

 

今回も綺麗にごちそうさま様でした。

f:id:hitomishiriman:20170913194136j:plain

 

 

 

 ふう……。営業途中に選ぶ飯屋ってどうしてもチェーンの牛丼とかファーストフードで済ませがちですよねえ。まあ忙しいですし、ごはんを味わう余裕がないのもわかります。でもせっかくのランチ時間、たまにはのんびり外回りのことは忘れて、オシャレにほっこりごはん、なんてのも乙なのかもしれません。

 

 

店舗情報 

関連ランキング:カフェ | 江戸川橋駅護国寺駅茗荷谷駅