ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

会社辞めた人オフ会が、控えめに言って最高だった件


スポンサードリンク

 

 

 ふう、とカフェで一息つきながら8月19日のことを振り返っている僕です。ご存知の方もいるかも知れませんが、その8月19日に「会社辞めた人オフ会」という大変にひねりのないタイトルのオフ会を主催してまいりました。

 趣旨は無論、会社辞めた無法者でヒャッハーしようぜ!というもの。僕自身、二ヶ月ほど前に会社を辞めたいわゆる新入り辞めラー(謎)ですので、どんな方と繋がれるのかしらとワクワクしておりました。

 

  

今回参加してくださった方々

 

空芯菜さん

waterspinachyeeh.hatenablog.com

 僕と同い年のブロガーさん。学生時代に内定をもらうも、働くことに違和感を感じ辞退。現在はフリーライター業を中心に、ブログでのインタビュー記事作成や労働に関する記事を書いたりしています。なんと静岡から来て下さいました。不思議と応援したくなる雰囲気を持った女性です。ちなみに変態的なファボ魔。僕のおっぱいツイートも遠慮なくファボります。気づくと通知が空芯菜さんで埋まってて怖い。

 

ラッキーマンさん

reon5653desu.hatenablog.com

 空芯菜さんのからのご紹介でオフ会に来てくださった方。ニート気質というタイトルとは裏腹に、めちゃくちゃガタイの良い男性です。なんでも昔トレーナーをやっていたそう。体格マックスにもかかわらず非常に柔和な笑顔の方で、漫画でいうと「普段は争いを嫌いどちらかというと話し合いを望むが、戦うとめちゃくちゃ強くて、でも敵に決してトドメをささない優しいキャラ」タイプ。

 

りむさん

life-is-music.candypop.jp

 出会って二ヶ月くらいですが、3回目の対面となるブロガーさん。いつも白シャツに黒ズボンという非常にライフクリエイターっぽくない格好の方です。ブログでは参加したイベントの感想記事や旅系の記事など幅広く書いています。ちなみにめっちゃ喋ります。うるさいです。でもいい人です、多分。

 

半魚人さん

www.dead-corns.com

 最近ダイソーで恋人を500円で購入した方。お会いするのは2回目ですが、安定の死んだ目をしていて非常に親近感が湧きます。たまに酔って半裸人になる模様。ワードプレスでもブログをしており、こちらの記事は大変イラっとしました。

 

しろかにっぺさん

 ブログをしていない勢からの参戦。作曲もこなすマルチプレイヤー。今回のオフ会でも「音楽には文法がある」という名言を残してくれました(なお理解は難しい模様)。曰く「とりあえず交流会に顔を出す人」らしいです。最近は神がいる交流会に行ったらしい。ちなみに神が僕の知ってる方で驚きました。神って身近なんですね(ニッコリ

 

ちいちゃん

www.hapitatsu.com

 僕と同い年のブロガーさん。リムさんと同じくお会いするのは3回目。会社を辞めて自分の力で生きてゆくのが目標の力強い女性です。独立心のある女性とどんどん繋がりたいとのこと。ちなみにマイペースすぎて飲み会の挨拶の途中で急に消えたりして焦ります。

 

ラクダさん

motomoto-camel.com

 子連れ無職ブロガーさん。この方はお会いするのは2回目。子育てから健康に関することまで非常に幅広く書かれている方です。外資の大手に転職を決めた方であり、英語もなかなかにできそうな雰囲気。しかもプロのライター活動もしており、確実にハイスペック。多分普通にサラリーマンしてたら会えない方な気がしてます。ちなみに僕のトイックは340点です。

 

さちおさん

sachio929.hatenablog.com

 労働はクソというシンプルイズベストなタイトルのブログを書いている方。ツイッターを見るととにかく会社を辞めたいというのがわかります。現在、辞めるために会社と格闘中。こちらの世界でお待ちしてます。

 

kuro6さん

www.kuro6.com

 今回のオフ会最年長の39歳!ですが、めちゃくちゃ可愛いアイコンに違わず非常に柔和な雰囲気の方でした。ブログも幅広く雑記で書かれており、勝手に「めっちゃ趣味多くて楽しそう」というイメージを抱いております。こんな人が上司なら良いのに。ちなみにちょっと為末大に似てシュッとしてました。ダンディです。

 

ちーちくさん

mainatsu.com

 なんとこのオフ会のためにわざわざ新潟から参戦してくださった方。ありがたすぎる。そして上がるオフ会のハードル。初参加のオフ会ということで、もし満足度が低ければ「けっ、都会のオフ会大したことねえじゃん!ふん!」という気持ちを持たせてしまい今後の東京進出の気持ちを削いでしまう恐れがあったので楽しんでいただけて安心しました。ちなみにイケメン。ずるい。

 

 

新宿駅東口に集合

 

 新宿という摩天楼ゆえ迷う恐れがあったので、希望者は一旦駅に集合することに。ですが、唐突な大雨と多摩川の花火大会へ向かう人の群れでどのみち人が多すぎて、待ち合わせに若干苦労しました。最終的に、ちいちゃん、kuro6さん、ラクダさん以外の8名で集合することに。人数が多く、遠足の引率の先生のような気持ち。

 今回会場にしたのはカンカン商店さん。ドンキのあるビルの6階にあるお店です。

www.hotpepper.jp

「三時間の飲み放題+コースメニュー食べ放題+10人以上座れる半個室」で3000円弱程度という非常にリーズナブルなお店。大人数のオフ会には最適かもしれません。あと、一人可愛い店員さんがいました。

 

 

オフ会開始!

遅れてきた三人のメンバーも交え、乾杯!

f:id:hitomishiriman:20170822205031j:plain

 

 

 まずは会社辞めた人オフ会らしく、会社ネタはもちろんありました。ここはではさちおさんが火を噴きます。

 

 

 

ほんと、上司ってキモいですよね!

 

 

あのキティちゃんからは信じられないほどの言葉。やはりためっているものがあるようです。
 
 
 

例えば営業でミスをするじゃないですか?その時に上司に注意されるんですけど、言い方がすごく嫌なんですよ!やんわりと「ここはこうするといいんじゃないかな?」とかならいいんですけど、「なんでなんでなんで?」ってどんどん問い詰めてくるのがムカつきます!

 

 

(出た。そういう上司ね)考えさせるのはいいんですけど、もうちょっと言い方ってありますよねえ。尋問みたいに言われてもw

 

 

ですよねえ!

 

 

 年の離れた上司ですと「厳しくするのは相手のため」という言葉を盾に好き放題する方もいますし、それに当たってしまったようですねえ。相手が病むほど詰めるのはいけません。みなさまやはり、思い思いに会社に対しては感じるとことろがあるらしく、就職前の大学生は確実に出禁な仕上げりになり、主催としては大変に満足です。

 ここは普段言えないような本音をさらけ出す場。「社会ってそんなもんだから諦めなよ」とか「その経験もいつか糧になるからちゃんと続けなよ」みたいな薄ら寒いことは言いません。そんなことは、企業の就活セミナーにお任せ。
「上司クソ?じゃあ週明けにやめよう!」という無責任極まりない提案を(主に僕が)していました。

 

 

 

 また今回のオフ会ですが年齢幅が比較的大きく、下は23歳から上は39歳まで、それこそ部下と上司くらい離れた方々が集まりました。ブログのオフ会のいいところは、こういうところ。普段の会社生活では、部下と上司くらい離れた人とは基本一緒に居たくない。そもそも価値観が合わないですからねえ。それより同僚で固まって居た方がマシです。

 ですが、今回は会社辞めた人というくくりに賛同してくださっている方々ばかり。そんな年齢の差なんて関係ないぜ!な、集まりになったのは大変に素晴らしいことです。ただ今回は物理的に距離を離してしまってあまり話せなかったのが反省……。

 

 

 


ただ、世代の離れた者同士が集まったならではの現象も。 

f:id:hitomishiriman:20170822220457j:plain

席順がこうなった時がありまして。緑が30代ゾーン、青が20代ゾーン。

 ええ、僕も全く意図してなかったのですが完全に世代間ごとに卓が別れ、気付いたら昭和オフ会が始まっていました。20代ゾーンは恋愛だの会社辞める話だので盛り上がる一方、30代ゾーンは「ダイの大冒険」「なんか一世代前の携帯(?)の話」「テレカ」、あとなんか知らない単語等々、謎ワールドが展開されていてカオス。僕も途中から参加しましたが、

 

 

 

 

 

f:id:hitomishiriman:20170822220759j:plain

こんな感じで主催ですが完全にトークを諦め傍観者になっていました。今度昭和オフ会を開くときはもっと勉強しようと思いました(違

 

 

二次会はカラオケへ

 

 結局カオスなトークは10時前まで続き、ひとまず解散という形に。ここで解散する方はお別れをし、体力の有り余る方は二次会へ。今回はちーちくさんが新潟からわざわざ来てくださったということで、帰りのバスが来るまでカラオケで楽しむことに。ちなみにメンバーは、りむさん、ちーちくさん、半魚人さん、しろかにっぺさん、そして僕。女子がいないのが不満でした。

 しかし二次会というものの、みんなの終電時間とちーちくさんのバスの時間を考慮すると一時間しか歌えないという危機的な状況。なので、もうデュエットしまくりました。

 ここからは歌声を聴いていただいた方が早いので、りむさんが撮影し、Twitterに挙げてださった動画から全てを感じてください。あれだよ?決して描くのが面倒になったわけじゃないよ?

 

 

 

 

 



 控えめに言って、最高でした。みなさまありがとうございます。久々にはしゃいだ感じがいたしました。こんな感じでオフ会レポを終わりにいたします。ではではみなさまお元気で。

 

 

なぜオフ会をやろうと思ったのか?

 

と、このまま記事を終えると、ちょっとフザすぎた感は否めないので割と真面目に書いていこうと思います。

 そもそものオフ会開催のきっかけは至極シンプルで「僕みたいに、ゆとって辞めた人はどのくらいいるんだろう?」という気持ちがあったから。

 ちょこちょこ記事でも書いてますが、日本ってなんにでも理由を求めすぎじゃないかな?と考えておりまして。例えば会社を辞めるであれば

 

 

「次のアテは?」

「何かやりたいことが見つかったの?」

「どんなビジョン( )があるの?」

 

 

 等々、マシンガンのように突っ込まれる始末。これは会社だけにとどまらないと思います。僕は大学時代に体育会に所属していた経験があるのですが、二年ほどで辞めているんですよね。

 その部活を辞める時も「次何するの?」「ここで辞めたらクズになるぞ」「部活も続けられないようじゃ会社なんて無理」と、非常に社畜予備軍らしいお言葉をいただきました。

しかし、僕が会社を辞めた時も、部活を辞めた時も、突き詰めれば理由は同じ。

 

 

「だるいし、きつい」

 

 

 以上です。前職は月に休みが数日しかなく、その休みもいつあるかわからない上、下手するとそれすら仕事で無くなったり。また残業代も一切出ず、その上「お客様第一!( )」の大合唱。部活は部活で「辛いことも続けていれば必ず成長するぞ!」という精神論が大半を占めていました。昔よりマシになったらしいですが。

 この状況で何かを続ける、というのは僕にとっては不可能に近いこと。本当に報われるかもわからない辛いことを続けるくらいなら、いっそのこと辞めて別のことを始めた方がいいに決まってます。

 

 

 

 


なのに「なぜ?なぜ?なぜ?」の大合唱。

 

 

 

 

 うん、なかなかのストレス。この雰囲気の中で「だるいから辞める」というのは、まるで社会不適合者かのような烙印を押されかねない始末。これに心が囚われて「辞めたいけど、でもみんながダメって言うし……」というモヤモヤした状況に陥りかねない。でも人間ですし、嫌なことはしたくないというのはごくごく自然の摂理だと思うんですけどね。

 僕も人の目を気にするタイプの人間でありますので、迷っている人の気持ちがよくわかります。場合によっては「それ本気じゃないだけだろ!」とか怒られるからな…‥。

 そんな、モヤモヤしながら会社を過ごしていた人が集まり、会として上手く機能すれば「嫌だから辞めるというのは悪いことじゃないんやで?」というゆるーいメッセージを届けられる可能性があるなと。そう思い今回のオフ会を主催いたしました。
あと、普通に友達欲しいよね、うん。

 結果として辞めた人オフ会らしい話もあれば脱線しまくっていろんな雑談にも飛びましたが、皆様平和にお話しできていたようで何よりです。今後も色々イベントをやりたいなーと考えているので、ちょっとずつブロガーさんとの繋がりを増やしていければいいなあと。次は同期会とかもやりたいなあ。

 

 

最後に集合写真をば。みなさま、またお会いしましょうぞ。

f:id:hitomishiriman:20170823193106j:plain

 

 

 

 

 

 

 

あと、彼女も欲しい、うん。