ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

高田馬場「焼麺剣(つるぎ)」で「ほんのり甘くて香ばしい」ラーメンを体感せよ。


スポンサードリンク

 

 

今日も今日とてSNSの徘徊―――

 

ということを毎日いえるくらいにはSNS中毒な僕。
もはや呼吸レベル。僕はどこへ向かっているのか

でもでも、ネット徘徊は悪いことじゃないと思うんです。
このブログの食レポネタも、意外とSNSから仕入れたり。
自分で全部探すのは限界がござろうもん! という言い訳 

ということでFacebookをもくもくと眺めていたある日の夜中。
友人の方が非常に気になる投稿をしておりました。

 

 

ついに念願の焼き麺食べれたー!

麺が焼いてあるとか新鮮!

*食事の写真添付

 

 

―――焼いた麺?
それは焼きそばのことかい?
それであれば何も珍しいことはありませんが、
どうやらラーメンの麺を焼いている模様。
ほほう、これは初めて聞きますな。

 

 

 

どれどれ、ちょっくら食べに行きまするか・・・・・・!

 

 

 

焼麺剣(つるぎ)へお邪魔

 

ということで訪問したるは “焼麺剣(つるぎ)“ さんというお店。
アクセスは高田馬場駅から徒歩10分ほど。
早稲田生がウェイウェイする駅前を抜け、非常に閑静な場所にあります。
*最後にアクセス写真あり

f:id:hitomishiriman:20170521223854j:plain

 

 

店内はTHE・ラーメン屋という感じ。

f:id:hitomishiriman:20170521224105j:plain

 

 

入った瞬間まず感じたのは「焼肉屋みたいな匂いだ・・・・・・!」
麺を焼くだけあり、第一印象がラーメンではなく "焼肉"
敷地が狭いため辺りに匂いが充満しています。
非常に香ばしいのですが、コートとかについちゃう恐れはありますね。
席を確認して、入り口横の食券にて購入。
大盛り無料とのことで当然のごとく大盛りに。

 

席につくと、目の前にはすり鉢が。

f:id:hitomishiriman:20170521230444j:plain

どうやらコチラは鰹節のようですね。
これをラーメンにかけるのでしょうか?と思っていると、
カウンターにこんな張り紙が。

f:id:hitomishiriman:20170521230602j:plain

ほほう、味噌にんにくとな。
名前だけで、もう、じゅるり。
これを混ぜるわけか。

 

店内の奥には漫画がずらり。ずいぶんとしぶいチョイスだこと

f:id:hitomishiriman:20170521230714j:plain

 

漫画を読みながら待つこと数分。お品物が到着しました。
じゃじゃん。コチラが焼麺(780円)

f:id:hitomishiriman:20170521230922j:plain

 

ほほおおおおおう!
もう到着した瞬間から、焦げ目のついた麺が猛アピール。
がっつり焼いていますね。
見た目は固焼きそばに近いでしょうか?
24年生きてきて、体験した麺の食感といえば「もっちり」「かため」が多かった。
果たしてこの剣ではどんな食感、味で僕を楽しませてくれるのでしょう・・・・・・!

麺を持ち上げるとおこげの香ばしい匂いがふわあああっと鼻を楽しませてくれます。
このとき頭の中にはボーイスカウトのキャンプで炊いた飯ごう炊飯の香りが浮かんでくる。あの懐かしい感じが高田馬場でも味わえるんですね・・・・・・!

f:id:hitomishiriman:20170521231625j:plain


まずは鼻で楽しみ、いよいよお口にIN。

 

もぐもぐ・・・・・・

 

おお・・・・・・!
麺は表面がカリッカリ、下部はモッチモチの二層構造。
固焼きそば的かなと思いましたが少し違う。
一口目でおこげの風味がふんわり口の中で、爆発。
二口目で間髪入れずに、おこげ麺の下からモッチモチ麺が突き上げてきます。
もう否が応でも二種の味が楽しめるわけだ。

もちろん、「おこげだけ食いてえ!」というそこのあなた!
そんな方はさくっと表面だけはがして、がぶっとむさぼりつきましょう。

 

 

お次はスープ。
入り口にもデカデカ書いてある通り、ウリは "濃厚ベジポタスープ"

f:id:hitomishiriman:20170521231501j:plainベジタブル+ポタージュ、でしょうな。
果たしてどんなお味なのか・・・・・・!
ズズッと一口・・・・・・。

 

 

おや?ほんのり甘い!
ラーメンといえば、魚介の風味、とんこつ、醤油、といったようなおかず的(?)な風味が一般的。今回はそれを少し覆す“ちょっと甘い”スープ。
この甘さは恐らくポテトの甘みではないかと思われます。
ペースト状にしたポテトを食べているような感覚で、
分かりやすく言えば“コーンポタージュ”の舌触りに非常に近い。
これは不思議な味わいです・・・・・・。
ポテトの甘みなので、くどくどしたいわゆる「甘っ!」というのは一切無く、
自然な野菜本来のほんのりした甘さを楽しめます。

さらにさらに甘みだけではありません。
このラーメンの醍醐味である焼いたこんがり麺。
これのこんがり風味が結構強いので、それがスープにも伝播。
ほんのり甘いスープをモグモグーーーと思いきや、
ふわっと香ばしさが鼻をつつきます。
んまあい!
これはいくらでも楽しめるぞ。

 

ラーメンはどうしてもしょっぱさであったり脂によるくどさが強くなる場合があり、途中で飽きが来てしまうものも少なくありません。
でもこの焼麺は、麺の二層構造で食感の変化を楽しめ、
さらにスープも "甘みからの香ばしさ" というダブルパンチで自在に変化。
口の中でいろんなお味を楽しみながら完食へと向かえます。

 

まだまだ楽しみたい方へ


ここまででも十分こんがりやらほんのり甘いスープやらで下を楽しませてくれる焼き麺。ですがさらに楽しみたい方は、味噌にんにくの出番!
店員さんにお願いすればもらえますよ。

f:id:hitomishiriman:20170521231922j:plain 

 

 

こいつを一思いにスープへドボン!

f:id:hitomishiriman:20170521232203j:plain

 

 

f:id:hitomishiriman:20170521232209j:plain

少しだけ濃くなった


入れた瞬間、匂いの主役が香ばしさからニンニクへとバトンタッチ。
終盤に来て再び食欲を刺激する香りでございます・・・・・・!
味の主役も "ほんのりした甘み" から "ニンニク味噌の濃厚っぷり" へバトンタッチ。
甘みが「もう俺は十分活躍したからな!」とばかりにすっと引き下がります。
平和的な交代だ

満腹に近づいていたおなかに、
味噌・ニンニク・とろみのパワフルコンビが再び活力を与えます!
これはまた元気になっちゃう・・・・・・!
味噌ニンニクverのスープまで美味しく頂いたら、真の終焉。
非常に新しく、満足のいくもぐもぐでございました。

f:id:hitomishiriman:20170521232535j:plainごちそうさまです!

 

店舗情報 

関連ランキング:ラーメン | 高田馬場駅学習院下駅面影橋駅


 

店舗へのアクセス

①JR高田馬場駅の目の前にあるこの交差点を渡り右に曲がります

f:id:hitomishiriman:20170521232936j:plain

 

②セブンイレブンを背にして交差点を渡ります。渡ったらしばらくまっすぐ進みます。

f:id:hitomishiriman:20170521233215j:plain

 

③しばらく歩くとスタ丼が出てきますのでそこを左に曲がります。

f:id:hitomishiriman:20170521233338j:plain

f:id:hitomishiriman:20170521233401j:plain

 

④しばらく進むと左手にファミリーマートが出てきます。右手には小道があるのでそこへ入ります。

f:id:hitomishiriman:20170521233559j:plain

f:id:hitomishiriman:20170521233757j:plain

 

⑤左手に工事屋(?)みたいな建物が出てきたらもう少し!

f:id:hitomishiriman:20170521233854j:plain

 

⑥大きいちょうちんが出てきたら、その隣の店舗が「焼麺剣(つるぎ)」さんです。

f:id:hitomishiriman:20170521234043j:plain