読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらりぼっち日和

知り合い以上、友達未満の関係を脱したい男のブログ。今のとこ会社にブログのことは怒られていない。

MENU

ある広告を見て思った。”新卒以外=社会落伍者”なのか?


スポンサードリンク

ブログの中でちょくちょく書いてますが、僕はいわゆる新卒入社という枠では今の会社に入っていない。大学はストレートで卒業したが、半年間派遣で暮らし、その後半年間は今の会社にバイトとして入っていました。普通に見れば “一般的なルートからは外れた人”。

そんな “一般的なルートから外れた人” である僕は最近気になる広告を見つけてしまいました。

f:id:hitomishiriman:20160924192806j:plain

 

Facebookを見ていたら流れてきました。さすがに会社名や画像を見せるとまずい気がするので、気になった一文の画像だけ。これだけではなんだか分からないので補足をすると、ある就活サービスの広告らしく、既卒の就活生に向けて自社サービスの宣伝をしている模様。よくある広告ですな。それで、僕はかなり細かい性格で、それはもう自宅の鍵をかけたか六回くらいがちゃがちゃ確認しないといけない人間なのでこの一文が死ぬほど気になってしまったのです。

 

“社会復帰サービス”

 

 うーん、社会復帰かあ・・・。

 

社会復帰という言葉にあまり良いイメージが無い

 “社会復帰“について、だいたいイメージはつくけど某W先生に聞いてみました。

 

社会復帰(しゃかいふっき)とは、軍隊刑務所病院寺院など、一般社会から離れて生活していた者が、再度一般社会に参加することを指す。職業訓練など、社会復帰に備えたプログラムが組まれることもある。

引用:Wikipedia

 

なるほどなるほど。やはり、印象としては“一度社会から外れた(と、思われている)人達”のことを指しているようです。正直あまり良いイメージは無いですよね。ここらへんのイメージって、気にする人多いのではないでしょうか。特に”他とは違う”というのは日本人からしたら結構引っかかるもの・・・。

 

確かに、何かの事情で長い間世間に触れる機会が無く、いきなり「はい今日から普通に社会で暮らしてねー」というのは難しいかなと思います。慣れてないことを始めるのはいつだってハードルが高いものですから。でも、就活でそれを言っちゃうのかあ・・・というのが正直なところ。

 

新卒ストレートじゃないと社会落伍者なのか?

 

と、新卒で失敗した若者が嘆いております。まあ「僻みや嫉妬一割くらいあるなコイツは」くらいな気分で是非聞いてくださいや。 

 

初めて社会に触れる就活の場で生まれる恐怖 

「面接の場ではマナーがあれやこれや」

「言葉遣いはあれやこれや」

「スーツの着方はあれたこれや」

 

などなどバチクソめんどくせえマナーについて社会人としてあるべきマナーについて勉強しながら選考していくわけです。そして会社に勤める方の大抵は面白くもなんともない自慢話や社会人の苦労アピール話ためになる話を聞き、インターンやら会社訪問やらで働くことへのイメージを湧かせていく・・・。

 

ってそんな上手くいくかいな!!

 

「働いた後のイメージを湧かせましょう」とはよく聞くセリフ。でも、現実はそんなに上手くはいかぬわけでございます・・・。だって働いたことないんだもん・・・。自分もそんな感じ。予算書とか、事務系とか、こんなにも地道な仕事が重なってくるとは思わなかった。

 

あ、もちろん「じゃあイメージしなくていいんだ!!」ってことではなく、自分なりにイメージしようとするのは大事。でもそれも結局は働いた経験のない学生のイメージ上のこと。不安な部分やらもやっとする部分はどうしたって出てくるんです。それが分からなくて「ちょっと内定あるけどやっぱ入社は・・・」「やっぱ就活したくねえ・・・」となって内定を蹴っちった・・・状態になってしまうのはそれなりに自然なんじゃなかろうか、と思うのです。僕もたぶん現役で内定があったらギリギリ蹴らなかったってラインかと。

 

大抵の人は何らかの形で社会に関わる

仮に就職しなかったとしても、皆何かしらの形で社会には関わってるもんです。僕も、卒業して半年間はふわふわしておりましたので、引越しのバイトやったり、イベント設営のバイトやったり色々やっていました。そのときは世の中こんなにクソみたいな人間がいるんだなあ色んなタイプの人間がいるんだなあとしみじみ思ったものです。

 

そもそも社会ってなんやねん!!とも思ったり思わなかったり。「正社員として就職すること以外の道=社会から外れること」なのであれば、じゃあその会社を立ち上げた人はそもそも社会から外れた人ってことに・・・じゃあそこで働く人も同じく社会から外れた人ってことに・・・。

 

と訳が分からなくなるのでこういうのはもっと頭の良い人に任せておきましょう。僕はうだうだくだを巻きます←

 

でも実際、ここら辺の定義はよくわかんないっすよね。すごく変な話(例えばね)外に出ないで投資で稼いでる人が「社会に出てないから落伍者だ!」ってなるかと言われたらたぶん「まあ稼いでるからなあ」って言われると思います。でも「じゃあ稼げてればバイトでもいいじゃん」とはならず「いやバイトだし・・・」となる・・・。うーんよくわかんない。

 

結局は、各々の中に今まで積み重なってきたきた価値観や経験をもとに個々人の「社会」っていうものが出来上がるんじゃないでしょうか。それが日本だと「大卒で正社員として就職する」という経験が圧倒的に多いので、新卒以外の人に対して“社会復帰サービス”なんてネーミングがつくのではないでしょうかねえ・・・。

 

「ストレートで就職しないといけない」という余計なストレス

 “社会復帰”なんて言葉を使われたら、「あれ、俺ってやっぱダメな奴なのかな・・・」って感じる人は感じるもの。内定が取れなくて自殺、とか、自己評価がぐんと下がる、とか、(言葉がやや乱暴で恐縮ですが)内定の取れない人は自分に自信が無い場合が多い。もちろん確固たる決意を持って内定を取らない人もいますがそれは一握り。ほとんどはモンモンとしたまま無内定状態を迎えます。ただでさえ自己評価の低い人をそんな“社会復帰”なんて言葉で焦らせなくても・・・と思ってしまうのです。

 

まとめ

ふと目に入った広告からついついくだを巻いてしまいました。
もちろんアレくらいずばっとした文言のほうが広告としては刺さるので全然ありだし(やたらタイトルで煽るブロガーもいますし)、会社側もそんな悪い思惑は微塵もないでしょう。でも僕のような神経質な人は気にするかもねっていう話でした。