読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらりぼっち日和

知り合い以上、友達未満の関係を脱したい男のブログ。今のとこ会社にブログのことは怒られていない。

MENU

マックで見かけたコミュ力モンスターの話


スポンサードリンク

 いやあ、昨日はびっくりしたあ。

 

夜中のマックにコミュ力の塊がいましたよ、はい

 

昨日仕事終わりに(数少ない)友人と、軽くお茶することになったんですよ。

(ちなみにお互い遅くまで予定があったんで22時開始。It’sハード)

 

 

ところが、そんな時間だったせいなのかたまたまだったのか、カフェ系がどこも空いてないんですよねえ。スタバ満席だし椿屋珈琲高いし。

なので「マックにする~?」となり、転がり込んだ訳です。

 

そんでまあ普通に座って談笑してたんですよ。

仕事のことやらどーでも良い話やら。

 

その時僕らの隣の隣位にある丸テーブル的な場所(?)に、女性二人が座ってましてね。

こちらもまた談笑してたわけですが、結構な美人さんなんですよ。

ちょっとギャルっぽくて今どきって感じのする美人さん。

 

そしたら、店の中できょろきょろしてるおっさんがいたんですよ。

そのおっさんがふっとギャル二人のところへ近づいてたんです。

 

そして一言、

 

「席無いんでここ良いですか?」

 

いやいやいやおかしくね。

 

確かにそこそこ大きめな丸テーブル的な席だったので、二人が寄って座ると一応スペースは空くんですよ。いや、それにしてもだよ。

 

他に席空いてるし。そんなランチ時の満席具合じゃねえし。

なんなら俺らの隣の席空いてたからね。

てかそもそも友人同士で談笑してるとこに割り込むか普通。しかもギャル。

まずこのおっさんのコミュ力に脱帽。

 

でももっと凄いのが、ギャル二人がにこっとして

 

「あ、どうぞ~^^

 

いやいやいやおかしくね。 


談笑を邪魔されてますよ、あなた方。

これが例えば西島秀俊のようなさわやかなおっさんなら分かる。

俺でもウェルカム。あれは惚れる。

でも、ホント普通のおっさんな訳ですよ。

「おっさん」と言われて皆さんが想像する通りのおっさん。

しかも割と夜中。変な奴かもしれないし。

 

しかしそのギャル二人は全然嫌な顔一つしない訳ですよ。

おっさんの「家のハムスターが逃げた」「今日のおつまみ何が良いと思う?」等のとりわけ生産性の無い話にもめっちゃ笑顔。こりゃすげえ。

キチンと自分たちの話もしてるし、あの対応力には感服してました。

 

僕みたいな人見知りからすると尋常ならざる事態だった訳ですよ。夜中にギャル二人に声かけるおっさんもある意味コミュ力あるし、それに笑顔で答えるギャルもなかなか。結局一時間くらい話してましたからね。あれをコミュ力と言うのかについては意見がありそうですが、とりあえず僕ならおっさん置いて帰ります。だって嫌だもん。

 

と、まあ話は以上なんですが、せっかくブログに書いたんで、あのギャル二人が会話の中で意識してたっぽいことを振り返ってみます。

 

    とりあえずおうむ返し

おっさんが「ハムスターどっか行っちゃってさあ」とか「ここのマックよく来るんだよねえ」とか言う度に「え?!ハムスターいなくなったんですか」とか「へえこのマックよく来るんですね!」とか、超おうむ返しするんですよ。確かにこれなら話聞いてるアピールできるし良いですよねえ。

 

    「へー!」「確かに!」「そうなんですね!」を多用

  あ、これは僕もよくやってます。これ言うと割と会話進むんですよね、不思議と。

  聞いてる側からすると「お、リアクションしてくれてる!」って気持ちになるのでしょうか。ただあまりリアクション良すぎると相手が勘違いして延々話続けることもあるので注意。社交辞令で、つまらない話にリアクション取りまくってたら相手が気を良くして話し続けたことがあって辛かった。

 

主にこの二点だったのかなあ。

てかよく本とかに書いてありますね、これ。まさにそれの実践といった感じで。

凄い効力なんだなあと実感しました。
僕も少しやってたりしてますが、初対面の怪しいおっさん相手にこれ使って一時間持つってやばい。 

どうやらこれ使うだけでホントにコミュ力って偽装できるようです。

もしかしたらギャル二人も実は人見知りだったのかも。

 

とりあえず僕はめんどくさいんで、こういう知識があっても知らないおっさん相手には実践しないと思います。