読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらりぼっち日和

知り合い以上、友達未満の関係を脱したい男のブログ。今のとこ会社にブログのことは怒られていない。

究極の聞き手は究極の話し手にもなれる予感

優秀な後輩との話の中での気付きを備忘録的にブログにしたためました。自分用のメモみたいな感じですが、非常にすっきりした学びでしたので会話形式でシェア。あれですよ、会話形式にしたのは決して改めて書き換えるのがめんどくさいからではなく、臨場感を…

”全ては仕事のために”という目に見えぬ感覚が、どうにも慣れない

先日体調不良を患った際に、ベッドの上でつらつらと思ったことをば、書いていきます。世の会社員よ、もっとゆるやかに生きようぜ。

世田谷区等々力のカレーラーメン「しゅういち」で、ほんのりいい汗かこうぜ

仕事で訪れた等々力でうまうまなカレーラーメンを発見。本店が西麻布にあるようなお洒落なお店が、なぜこんな中途半端な土地・・・ではなく郊外にあるのか疑問ですが、美味しいので良しとしましょう。ちなみに夜中にこの記事を書いたら自分で飯テロ仕掛けた…

大塚のラーメン屋「北大塚ラーメン」で肉の侵略具合を体験いたしました。

大塚にある素晴らしくチャーシューがてんこ盛りのラーメン屋「北大塚ラーメン」。ここで僕は、ワンパンマンの世界を体験してきました。え?「何を言ってるんだお前は?」ですと?大丈夫、僕もよく分かってない。

池袋のタイ料理店 ”チリ マッチャ”で我らの青春、デジモンやガッシュに一瞬耽る

時間が無限にありましたので、今回は池袋をブラブラと。普段行かないタイプのお店に入れたので、やっぱり適当に歩くのいいですね。あーそれにしてもガッシュとデジモン見たくなってきた。

渋谷の肉肉しいラーメン「蒼龍山」、新年会の締めにどうぞ

新年明けましておめでとうございます。新年一発目の記事も、通常通り更新。新年会とかをやるリア充共はこれを読んでおいしい締めを食べればいいさ。けっ。

おしゃれなマッシュルーム専門店「マッシュルームトーキョー(東京)」に、男二人で行ってきた

もう12月。今月はなんかイベントがあるらしいですね、知らんけど。そんな世間の風潮に負けず、男二人でマッシュルーム専門店「マッシュルームトーキョー(東京)」でお食事してきました。悲しくなんか、ない。

つけ汁スープ ~魚介と野菜と、ときどき、お酢~

10月12日、魅力的なバカ食いイベントに敢え無く参加できずやけくそになった僕は、良い感じのお店を見つけるためにさまよっていました。90分ほど、フラフラと。今回はその結果見つかったところのご紹介。ちなみに翌日足の裏が膨れました。弱すぎる。

渋谷の居酒屋「馬力」が体に悪そうなほどおいしい

今年も早くて、既に3/4が経過。嫌ですね、あっという間。正社員になってから半年か。バイトの方が気楽だったな もし今誰かと、今年の振り返りの会話をするとしたとしましょう。きっと、こうなる。

”普通の名刺交換”って、つまらなすぎませんか?もっと個性を出せれば良いのに。

営業マンのクセに名刺交換系が苦手です。手間的なめんどくささもありますが、あの”全ての人が無個性にとらわれちゃう感じ”なのが、どうにも気になるのです。

”自然体”ほどハードルの高いものは無いと痛感しているよ、僕は。

会社の業務の一環である”面談同行”のときに僕はこんなことを考え始めていました。自然体ってよく聞くけど、ぶっちゃけハードル高くね?という話です。ちなみにこれを考え始めて以降の面談の内容はあんまり覚えていないです。

社畜の憧れ ”平日限定” のお安い築地ランチを食べてきた。

"平日限定" ああ、なんと社畜にとっては憧れる響き・・・。学生なら平日休日関係ありませんが、社会人となると話は別。そんな貴重な平日限定ランチをのんびり頂いてきました。いやあ、太っちゃうね。

ある広告を見て思った。”新卒以外=社会落伍者”なのか?

新卒で就活に失敗できなかった男がなにやらくだを巻いている記事です。僕もたいがい社会に適合してないと思いますが、とはいえ就活に失敗した人をこのような括りで見てしまうのはどうなんですかねえ・・・。

”理不尽に耐えられない=普通” なこと。だから落ち込まなくていいのだ、というダメ人間の言い訳を綴ります。

「マジでないっすわ~」 と愚痴をこぼしてきたのは、今コンビニでバイトをしている僕の後輩でした。あ、この記事の後輩とは別ですよ。 hitomishiriman.hatenablog.com

水をかけられたからホットポテト理論について調べたらいろいろ辛かった

車に水をかけられたことからどんどん妄想が広がりついには5000字を超える記事になりました。「自分って運悪っ!」という方には是非見て頂きたいです。

”変わりたい気持ち”に行動が追いつかないのが一番苦しい、というのを後輩と話してて感じた話。

久々に会った後輩と話してて考えたことをつらつらと。”気持ち”と”行動”がかっちり噛み合うことなんて早々ない。それを分かってても変われない本人が一番辛いのです。似た境遇の人に読まれるといいな。

本当にあった怖い話シリーズは ”日常が怖い系の話+素人っぽい人出演” に路線変更を!!

昨日久々にテレビで、本当にあった怖い話を見ました。なんだか昔より怖がれなかったなあ・・・。僕が大人になったのか、それとも番組の作り方が良くないのか。真相は知りませんが、僕は番組をこんな風に変えてほしいのです。