読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

MENU

日常

ビックエコーのビジネスプランを体験したら上司にリライトしてほしくなった、とある金曜日

4/24から始まったというビッグエコーのビジネスプラン。簡易スペースとしても、上司への煽りの場としてもご活用してください。

【星のカービィ25周年!】カービィと同い年の僕が上野でカービィに会ってきたら可愛すぎてあばばばば

あの国民的スター星のカービィが生誕25周年!ということでバースデーイベントへお邪魔してきました。いやああああああかわいすぎるだろおおおおおおおおお!

【画像大量】桜を見れなかった哀れな社畜が同士へ向けて桜フォルダを解放する。これで宅飲みしようぜ

お花見という世間の波に乗れなかった社畜の同志へ。適当に撮り散らかした桜フォルダを解放します。一緒にお酒を飲もう。

「やっと人間味が増した」ーーー仕事をやめて見えた新しい景色

ふとした機会があり、とあるブロガーさんにインタビューさせて頂きました。看護師を三年間で二回辞めている彼女ーーー果たして仕事を辞めてからどんな景色が見えたのでしょうか?

社畜お断り・・・・・・!?竹ノ塚の「縁側カフェ”昭和の家”」で戦争を仕掛けてきた

僕は怒り狂っている。社畜をなめた営業時間をしている「縁側カフェ”昭和の家”」に対して。これは、全国の社畜を代表してカフェに戦争をしかけた男のハートフルストーリー・・・・・・かもしれない。

無意識に押し付けられる”幸せの基準”についての話

「目指せ正社員」ーーー実家で求人媒体の広告を見ていてふと、この文言が気になってしまいました。フリーターだった僕からすると、とてもドキッとする表現。今回はそんな文言から感じた”幸せの基準”についてつらつらと書いていきます。

【北千住のおすすめランチ】カレー屋「ジェイズカレー(J's curry)」で味わうMt.富士の絶景と、時々、死

北千住で見つけた絶品カレー屋「ジェイズカレー(J's curry)」。その美味しさは富士の絶景を思い起こさせ、さらには死をも意識させるというーーー。

紳士の譲り合い「白カレーの店 1/f ゆらぎ」は高田馬場ランチにおすすめ

「道に迷うのも悪くない」ーーーそう思えたのは、高田馬場にある「白カレー 1/f ゆらぎ」のおかげでした。普段だとなかなか見つける機会は無いんじゃないかな。このこじんまりしたお店で、紳士の譲り合いを感じてみて。

究極の聞き手は究極の話し手にもなれる予感

優秀な後輩との話の中での気付きを備忘録的にブログにしたためました。自分用のメモみたいな感じですが、非常にすっきりした学びでしたので会話形式でシェア。あれですよ、会話形式にしたのは決して改めて書き換えるのがめんどくさいからではなく、臨場感を…

”全ては仕事のために”という目に見えぬ感覚が、どうにも慣れない

先日体調不良を患った際に、ベッドの上でつらつらと思ったことをば、書いていきます。世の会社員よ、もっとゆるやかに生きようぜ。

世田谷区等々力のカレーラーメン「しゅういち」で、ほんのりいい汗かこうぜ

仕事で訪れた等々力でうまうまなカレーラーメンを発見。本店が西麻布にあるようなお洒落なお店が、なぜこんな中途半端な土地・・・ではなく郊外にあるのか疑問ですが、美味しいので良しとしましょう。ちなみに夜中にこの記事を書いたら自分で飯テロ仕掛けた…

大塚駅前の「北大塚ラーメン」で、チャーシューの侵略を体験せよ

大塚にある素晴らしくチャーシューがてんこ盛りのラーメン屋「北大塚ラーメン」。ここで僕は、ワンパンマンの世界を体験してきました。え?「何を言ってるんだお前は?」ですと?大丈夫、僕もよく分かってない。

池袋のタイ料理店「チリ マッチャ」で我らの青春、デジモンやガッシュに一瞬耽る

時間が無限にありましたので、今回は池袋をブラブラと。普段行かないタイプのお店に入れたので、やっぱり適当に歩くのいいですね。あーそれにしてもガッシュとデジモン見たくなってきた。

おしゃれな原宿のマッシュルーム専門店「マッシュルームトーキョー(東京)」に行ってきた。---男二人で

もう12月。今月はなんかイベントがあるらしいですね、知らんけど。そんな世間の風潮に負けず、男二人でマッシュルーム専門店「マッシュルームトーキョー(東京)」でお食事してきました。悲しくなんか、ない。

新橋のラーメン屋「つけ麺おやじ」で、つけ汁スープ ~魚介と野菜と、ときどき、お酢~、な東京タワー気分を、、、。

ああ、どうしよう。と、途方にくれていたのが10月12日。 この日、田町で謝肉祭2016秋なるイベントが開催されていたそうな。なんと、お店のお肉が、時間無制限で食べ放題とな・・・! 最近食にしか興味がない僕のことですから、当然のごとく飛びつきます。

渋谷の居酒屋「馬力」が安いし旨いし体に悪いしヤバイ

今年も早くて、既に3/4が経過。嫌ですね、あっという間。正社員になってから半年か。バイトの方が気楽だったな もし今誰かと、今年の振り返りの会話をするとしたとしましょう。きっと、こうなる。

名刺交換のビジネスマナーがつまらなさすぎる。もっと個性を出せれば良いのに。

「あ、初めまして、株式会社〇〇の人見知り営業マンですー」 という具合な名刺交換。僕は少々苦手。先週も三回ほどやってきまして。新しい広告に関して、ご依頼する方にご挨拶を数回ほど。働き始めてから(厳密にはバイト時代の営業から)結構な数をこなしてき…

”自然体で生きる”って、めちゃくちゃハードル高くない?

会社の業務の一環である”面談同行”のときに僕はこんなことを考え始めていました。自然体ってよく聞くけど、ぶっちゃけハードル高くね?という話です。ちなみにこれを考え始めて以降の面談の内容はあんまり覚えていないです。

社畜の憧れ ”平日限定” のお安い築地ランチを「板前DINING斬~ZAN~」で食べてきた。

"平日限定" ああ、なんと社畜にとっては憧れる響き・・・。学生なら平日休日関係ありませんが、社会人となると話は別。そんな貴重な平日限定ランチをのんびり頂いてきました。いやあ、太っちゃうね。

ある広告を見て思った。”新卒以外=社会落伍者”なのか?

新卒で就活に失敗できなかった男がなにやらくだを巻いている記事です。僕もたいがい社会に適合してないと思いますが、とはいえ就活に失敗した人をこのような括りで見てしまうのはどうなんですかねえ・・・。

”理不尽なことに耐えられない=普通” なこと。だから落ち込まなくていいのだ、というダメ人間の言い訳を綴ります。

「マジでないっすわ~」 と愚痴をこぼしてきたのは、今コンビニでバイトをしている僕の後輩でした。あ、この記事の後輩とは別ですよ。 hitomishiriman.hatenablog.com

水をかけられたからホットポテト理論について調べたらいろいろ辛かった

車に水をかけられたことからどんどん妄想が広がりついには5000字を超える記事になりました。「自分って運悪っ!」という方には是非見て頂きたいです。

”変わりたい気持ち”に行動が追いつかないのが一番苦しい、というのを後輩と話してて感じた話。

久々に会った後輩と話してて考えたことをつらつらと。”気持ち”と”行動”がかっちり噛み合うことなんて早々ない。それを分かってても変われない本人が一番辛いのです。似た境遇の人に読まれるといいな。

本当にあった怖い話シリーズは ”日常が怖い系の話+素人っぽい人出演” に路線変更を!!

昨日久々にテレビで、本当にあった怖い話を見ました。なんだか昔より怖がれなかったなあ・・・。僕が大人になったのか、それとも番組の作り方が良くないのか。真相は知りませんが、僕は番組をこんな風に変えてほしいのです。