読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

MENU

【秋葉原の廃校カフェ】疲れた現代人に「懐かしさ」で癒しを。3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田)へ行ってきた

秋葉原にある廃校カフェ。そこは、疲れた現代人に癒しを与えてくれるスポットでした。懐かしさで胸がキュンとなります・・・・・・。

「会社員にそんな余裕は無い」ーーー「熱意ある社員は6%」の記事に思うこと

「熱意ある社員は6%」---最近ちょっと話題の、あの記事。今回はこれに関して、しがないサラリーマンの立場から思ったことをつらつらと書いていきます。熱意って、なんなんですかねえ・・・・・・。

「an まかないフェス2017 in 中野」で絶品まかない飯を大量にもぐもぐしてきた

「anまかないフェス2017」にて絶品のまかない飯をもぐもぐして参りました。「お前食べすぎィ!」という声は僕には届きません。

ほんのり甘くて香ばしい!高田馬場「焼麺剣(つるぎ)」で全く新しいラーメンを体感せよ。

高田馬場にある、隠れ家的なお店「焼麺剣(つるぎ)」。今まで味わったことの無い「香ばしくてほんのり甘い」という新感覚のラーメンを味わえます。

狂気のコスパ!定食酒場食堂(曙橋)の288円定食がやばすぎる。

曙橋にある「定食酒場食堂」。ここに、288円定食という正気の沙汰とは思えないコスパのランチがあります。これを意気揚々と食べに行ったときの記録。でも悲劇が・・・・・・。

デブエット?いえいえダイエット!北海道ラーメン伝丸(青山・外苑前)の野菜でヘルシーに。

デブエット、いや、ダイエットのために伝丸(青山・外苑前)で野菜たっぷりラーメンを頂いてきました。これだけ野菜があれば脂肪なんて、怖くない。

炎上したブログ記事を見て、ふとオピニオンについて考えてみた。

イケダハヤトを始めとし、ややトレンド(?)になりつつある「オピニオン記事」。今回はお知り合いの方が炎上していたこともあり、ふと思ったことを書き連ねてみました。

「仕事辞めたい!」という価値観が増えるのも成長だと思うんです。

GW明け、「仕事行きたくねえええええ!」な方に向けて。成長ってなにもポジティブなことばかりではないと思うんですよ。ネガティブな感情を持つことも、成長だ。

「美椒飯店(鶯谷)」のランチが、トロ!ふわ!ぷり!で大忙しだ!

お口の中が色んな食感でお祭り騒ぎやああああ!な気持ちになる美味しい中華屋さんを見つけました。いやあ、トロふわプリ、最高

【デブまっしぐら】横浜家系「壱角屋」は毎月一日ラーメン500円。デブ支援企業かよ

5月1日、世の中がGWでひゃっほーするなか再び仕事で原宿へ・・・・・・。そこでとあるチェー店のお得なイベントを発見してしまいました。

【やっぱり仕事は好きでないと続かないよ!】『副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト』刊行記念イベント行ってきたのでレポするよー

タクスズキ×中川淳一郎氏による書籍刊行記念イベントに行ってきたのでレポートいたします。中川さんが暴走したり、タクスズキさんの人柄が垣間見えたり、かなり濃いイベントでございました。

ビックエコーのビジネスプランを体験したら上司にリライトしてほしくなった、とある金曜日

4/24から始まったというビッグエコーのビジネスプラン。簡易スペースとしても、上司への煽りの場としてもご活用してください。

【星のカービィ25周年!】カービィと同い年の僕が上野でカービィに会ってきたら可愛すぎてあばばばば

あの国民的スター星のカービィが生誕25周年!ということでバースデーイベントへお邪魔してきました。いやああああああかわいすぎるだろおおおおおおおおお!

【画像大量】桜を見れなかった哀れな社畜が同士へ向けて桜フォルダを解放する。これで宅飲みしようぜ

お花見という世間の波に乗れなかった社畜の同志へ。適当に撮り散らかした桜フォルダを解放します。一緒にお酒を飲もう。

【おかわり無料】明治神宮前のレトロな喫茶店「ベラミ」で、ほっと一息つけるランチを頂いた

原宿のガチャガチャした喧騒から離れ、ほっと一息つけておなかもいっぱになる。そんなちょっと豪華なランチタイムをリーズナブルに送りたい方、どうぞ。

最低賃金「時給1500円デモ」に感じる、同年代としてのむずがゆさ

今回はちょっと真面目に、最低賃金デモについての記事。批判しようというものではなく、むしろ同年代として大いに共感。だからこそ考えて欲しいコトがあります。

【人付き合いが苦手な人へ】初対面で最低限相手を不快にしない接し方を二つ紹介します

初対面でのコミュニケーションが数多く求められるこの時期。人付き合いが苦手な我々には辛い季節だ・・・・・・。そんな我々が、嫌われることなく、ひとまず無難に初対面をこなすための技をお教えします。

【原宿ランチにおすすめ】ご飯食べ放題「雅屋」で空前絶後の満腹を目指せ!

日々のランチに苦戦するお父さん達へ。コスパがよろしい居酒屋ランチを発見しました。サラリーマンの平均昼食額と同じくらいの値段でいただけます。是非どうぞ。

はなまるうどんの天ぷら定期券2017が予想以上の神具合なので紹介する。

はなまるうどんの天ぷら定期券が神すぎて思わず記事に。今日はひたすらこれを宣伝します。

【就活】自己分析が大嫌いでした。

もう早いもので、就活解禁から、一ヶ月。楽しめてるかい?僕は楽しめなかった← この時期のSNS関連は、卒業系の投稿に加え就活関連の投稿がよく目につく。 「さっそく内定を頂きました!」「自己分析で悩んでます・・・・・・。」「自分は何がしたいんだろう」「面…

【新社会人/新生活に不安を抱える君達へ】"心機一転"は必要ない。新生活で意識してほしい三つのキーワード。

早いもので、四月。もう一年の1/3が終わってしまったのですね・・・・・・。あと273回寝るとお正月だやったね 4月は世間的に“環境が大きく変わる季節“などと言われています。 一つ上の学年に上がる人次の学校に進む人学生時代が終わり会社に揉まれ始める人 多くの…

【書評】ただいま「かくれ人見知り」が平静を装って生活しております。(花津ハナヨ著)ーーー盗撮を疑うレベルに共感を巻き起こす本を紹介するよ

「あれ、これ俺盗撮されてる?」---それほどまでに共感の嵐を巻き起こす本に出会いました。かくれ人見知りの生態系、どうぞ頭の片隅に入れて我々の扱い方を知って頂ければ、と。

「やっと人間味が増した」ーーー仕事をやめて見えた新しい景色

ふとした機会があり、とあるブロガーさんにインタビューさせて頂きました。看護師を三年間で二回辞めている彼女ーーー果たして仕事を辞めてからどんな景色が見えたのでしょうか?

【苦情は】虫を食べてきた【受け付けません】

もうタイトルで察してください。虫を食べてきたーーーそれだけです。

北千住のラーメン屋「麺屋炙り」がコラーゲンたっぷりで女性におススメやで

北千住で見つけた健康志向なラーメン屋、麺屋炙り。女性を誘うのに、なんとうってつけだろうか。僕のモテない人生は、ここで終わりを迎える(気がする)。

社畜お断り・・・・・・!?竹ノ塚の「縁側カフェ”昭和の家”」で戦争を仕掛けてきた

僕は怒り狂っている。社畜をなめた営業時間をしている「縁側カフェ”昭和の家”」に対して。これは、全国の社畜を代表してカフェに戦争をしかけた男のハートフルストーリー・・・・・・かもしれない。

【就活】OBOG訪問のやり方を変えたい。"会社辞めた人訪問" って面白そうじゃね?

就活生の定番の取り組みといえば、ES、面接対策、OB訪問---このラインナップに「会社辞めた人訪問」を加えるのは、いかがでしょう。なかなか面白いかもしれませんよ。

無意識に押し付けられる”幸せの基準”についての話

「目指せ正社員」ーーー実家で求人媒体の広告を見ていてふと、この文言が気になってしまいました。フリーターだった僕からすると、とてもドキッとする表現。今回はそんな文言から感じた”幸せの基準”についてつらつらと書いていきます。

【書評】内定童貞(中川淳一郎著)ーーーこれは就活生にもおすすめな”ひねくれ就活マニュアル本”

内定童貞ーーーおそらく造語であろうが、就活生からしたら本能で「おいやめろ」と言いたくなる単語であろう。でも、そんな追い詰められなくていいのだ。就職だけで人生は決まらない。所詮は「就職ごとき」。本書で、就活への意識がいい意味で「就職ごとき」…

【北千住のおすすめランチ】カレー屋「ジェイズカレー(J's curry)」で味わうMt.富士の絶景と、時々、死

北千住で見つけた絶品カレー屋「ジェイズカレー(J's curry)」。その美味しさは富士の絶景を思い起こさせ、さらには死をも意識させるというーーー。

このブログについて *2017年4月現在

当ブログ「ぶらりぼっち日和」の著者のプロフィールです。こんな根暗タイプの人間ですが、どうぞお見知りおきを・・・・・・。

【書評】「夢、死ね!(中川淳一郎)」ーーーこれは不器用な大人からの若者への応援歌だ

夢、死ねーーーいきなり炎上しそうな言葉、失礼します。今回はそんな炎上しそうなタイトルの本をご紹介。決して、性格の悪い薄っぺらい煽りや議論を展開する本でなく、裏にはとても優しい(と思っている)メッセージが含まれている本です。若手社会人にも、学…

紳士の譲り合い「白カレーの店 1/f ゆらぎ」は高田馬場ランチにおすすめ

「道に迷うのも悪くない」ーーーそう思えたのは、高田馬場にある「白カレー 1/f ゆらぎ」のおかげでした。普段だとなかなか見つける機会は無いんじゃないかな。このこじんまりしたお店で、紳士の譲り合いを感じてみて。

究極の聞き手は究極の話し手にもなれる予感

優秀な後輩との話の中での気付きを備忘録的にブログにしたためました。自分用のメモみたいな感じですが、非常にすっきりした学びでしたので会話形式でシェア。あれですよ、会話形式にしたのは決して改めて書き換えるのがめんどくさいからではなく、臨場感を…

”全ては仕事のために”という目に見えぬ感覚が、どうにも慣れない

先日体調不良を患った際に、ベッドの上でつらつらと思ったことをば、書いていきます。世の会社員よ、もっとゆるやかに生きようぜ。

世田谷区等々力のカレーラーメン「しゅういち」で、ほんのりいい汗かこうぜ

仕事で訪れた等々力でうまうまなカレーラーメンを発見。本店が西麻布にあるようなお洒落なお店が、なぜこんな中途半端な土地・・・ではなく郊外にあるのか疑問ですが、美味しいので良しとしましょう。ちなみに夜中にこの記事を書いたら自分で飯テロ仕掛けた…

大塚駅前の「北大塚ラーメン」で、チャーシューの侵略を体験せよ

大塚にある素晴らしくチャーシューがてんこ盛りのラーメン屋「北大塚ラーメン」。ここで僕は、ワンパンマンの世界を体験してきました。え?「何を言ってるんだお前は?」ですと?大丈夫、僕もよく分かってない。

池袋のタイ料理店「チリ マッチャ」で我らの青春、デジモンやガッシュに一瞬耽る

時間が無限にありましたので、今回は池袋をブラブラと。普段行かないタイプのお店に入れたので、やっぱり適当に歩くのいいですね。あーそれにしてもガッシュとデジモン見たくなってきた。

渋谷道玄坂の肉肉しい醤油ラーメン「蒼龍山」、新年会の締めにどうぞ

新年明けましておめでとうございます。新年一発目の記事も、通常通り更新。新年会とかをやるリア充共はこれを読んでおいしい締めを食べればいいさ。けっ。

おしゃれな原宿のマッシュルーム専門店「マッシュルームトーキョー(東京)」に行ってきた。---男二人で

もう12月。今月はなんかイベントがあるらしいですね、知らんけど。そんな世間の風潮に負けず、男二人でマッシュルーム専門店「マッシュルームトーキョー(東京)」でお食事してきました。悲しくなんか、ない。

新橋のラーメン屋「つけ麺おやじ」で、つけ汁スープ ~魚介と野菜と、ときどき、お酢~、な東京タワー気分を、、、。

ああ、どうしよう。と、途方にくれていたのが10月12日。 この日、田町で謝肉祭2016秋なるイベントが開催されていたそうな。なんと、お店のお肉が、時間無制限で食べ放題とな・・・! 最近食にしか興味がない僕のことですから、当然のごとく飛びつきます。

渋谷の居酒屋「馬力」が安いし旨いし体に悪いしヤバイ

今年も早くて、既に3/4が経過。嫌ですね、あっという間。正社員になってから半年か。バイトの方が気楽だったな もし今誰かと、今年の振り返りの会話をするとしたとしましょう。きっと、こうなる。

イケダハヤトの記事を読んで、「本気の遊びならそれは十分力になるのでは?」と思った話。

イケダハヤトの記事を読んで思ったことをつらつらと。確かに大学時代に遊んでばかりいるのはもったいない!四年間ってあっという間ですからねえ・・・。でもそれは「受け身な遊び」での話し。徹底的に、それこそ「攻めの姿勢」で遊ぶことは、十分意味のある…

名刺交換のビジネスマナーがつまらなさすぎる。もっと個性を出せれば良いのに。

「あ、初めまして、株式会社〇〇の人見知り営業マンですー」 という具合な名刺交換。僕は少々苦手。先週も三回ほどやってきまして。新しい広告に関して、ご依頼する方にご挨拶を数回ほど。働き始めてから(厳密にはバイト時代の営業から)結構な数をこなしてき…

”自然体で生きる”って、めちゃくちゃハードル高くない?

会社の業務の一環である”面談同行”のときに僕はこんなことを考え始めていました。自然体ってよく聞くけど、ぶっちゃけハードル高くね?という話です。ちなみにこれを考え始めて以降の面談の内容はあんまり覚えていないです。

社畜の憧れ ”平日限定” のお安い築地ランチを「板前DINING斬~ZAN~」で食べてきた。

"平日限定" ああ、なんと社畜にとっては憧れる響き・・・。学生なら平日休日関係ありませんが、社会人となると話は別。そんな貴重な平日限定ランチをのんびり頂いてきました。いやあ、太っちゃうね。

ある広告を見て思った。”新卒以外=社会落伍者”なのか?

新卒で就活に失敗できなかった男がなにやらくだを巻いている記事です。僕もたいがい社会に適合してないと思いますが、とはいえ就活に失敗した人をこのような括りで見てしまうのはどうなんですかねえ・・・。

”理不尽なことに耐えられない=普通” なこと。だから落ち込まなくていいのだ、というダメ人間の言い訳を綴ります。

「マジでないっすわ~」 と愚痴をこぼしてきたのは、今コンビニでバイトをしている僕の後輩でした。あ、この記事の後輩とは別ですよ。 hitomishiriman.hatenablog.com

水をかけられたからホットポテト理論について調べたらいろいろ辛かった

車に水をかけられたことからどんどん妄想が広がりついには5000字を超える記事になりました。「自分って運悪っ!」という方には是非見て頂きたいです。

”変わりたい気持ち”に行動が追いつかないのが一番苦しい、というのを後輩と話してて感じた話。

久々に会った後輩と話してて考えたことをつらつらと。”気持ち”と”行動”がかっちり噛み合うことなんて早々ない。それを分かってても変われない本人が一番辛いのです。似た境遇の人に読まれるといいな。