ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

社畜お断り・・・・・・!?竹ノ塚の「縁側カフェ”昭和の家”」で戦争を仕掛けてきた

僕は怒り狂っている。社畜をなめた営業時間をしている「縁側カフェ”昭和の家”」に対して。これは、全国の社畜を代表してカフェに戦争をしかけた男のハートフルストーリー・・・・・・かもしれない。

【就活】OBOG訪問のやり方を変えたい。"会社辞めた人訪問" って面白そうじゃね?

就活生の定番の取り組みといえば、ES、面接対策、OB訪問---このラインナップに「会社辞めた人訪問」を加えるのは、いかがでしょう。なかなか面白いかもしれませんよ。

無意識に押し付けられる”幸せの基準”についての話

「目指せ正社員」ーーー実家で求人媒体の広告を見ていてふと、この文言が気になってしまいました。フリーターだった僕からすると、とてもドキッとする表現。今回はそんな文言から感じた”幸せの基準”についてつらつらと書いていきます。

【書評】内定童貞(中川淳一郎著)ーーーこれは就活生にもおすすめな”ひねくれ就活マニュアル本”

『内定童貞』ーーー就活生からしたら本能で「おいやめろ」と言いたくなる単語であろう。でも、そんな追い詰められなくていい。所詮は「就職ごとき」なのだから。

死人が出る旨さ。『ジェイズカレー(J's curry)』で四位一体の口どけを味わってきた。

北千住で見つけた絶品カレー屋「ジェイズカレー(J's curry)」。その美味しさは富士の絶景を思い起こさせ、さらには死をも意識させるというーーー。

このブログについて *2017年8月現在

当ブログ「ぶらりぼっち日和」の著者のプロフィールです。こんな根暗タイプの人間ですが、どうぞお見知りおきを・・・・・・。

【書評】「夢、死ね!(中川淳一郎)」ーーーこれは不器用な大人からの若者への応援歌だ

夢、死ねーーーいきなり炎上しそうな言葉、失礼します。今回はそんな炎上しそうなタイトルの本をご紹介。決して、性格の悪い薄っぺらい煽りや議論を展開する本でなく、裏にはとても優しい(と思っている)メッセージが含まれている本です。若手社会人にも、学…

紳士の譲り合い「白カレーの店 1/f ゆらぎ」は高田馬場ランチにおすすめ

「道に迷うのも悪くない」ーーーそう思えたのは、高田馬場にある「白カレー 1/f ゆらぎ」のおかげでした。普段だとなかなか見つける機会は無いんじゃないかな。このこじんまりしたお店で、紳士の譲り合いを感じてみて。

究極の聞き手は究極の話し手にもなれる予感

優秀な後輩との話の中での気付きを備忘録的にブログにしたためました。自分用のメモみたいな感じですが、非常にすっきりした学びでしたので会話形式でシェア。あれですよ、会話形式にしたのは決して改めて書き換えるのがめんどくさいからではなく、臨場感を…

”全ては仕事のために”という目に見えぬ感覚が、どうにも慣れない

先日体調不良を患った際に、ベッドの上でつらつらと思ったことをば、書いていきます。世の会社員よ、もっとゆるやかに生きようぜ。